米国紙、核兵器関連注目報道、論説 2003年 邦文文責 渡植貞一郎(未校正) home
                           
 2003年ー2006年  2007年ー2009年 2010年ー 
予想できる危機、ビル・ケラー (ニューヨーク・タイムズ 2003年5月4日電子版)  核兵器のない世界を、ジョージ・P.シュルツ、ウィリアムJ.ペリー、ヘンリー・アルフレッド・キッシンジャー、およびサム・ナン (ウヲールストリート・ジャーナル 2007年1月4日 A15ページ ) 如何にして核抑止力を守るか(How to Protect Our Nuclear Deterrent) 核兵器数の削減に伴い、核兵器信頼性の維持が必要である、 GEORGE P. SHULTZ, WILLIAM J. PERRY, HENRY A. KISSINGER, AND SAM NUNN (The Wall Street Journal OPINION JANUARY 19, 2010)  
 私がアフリカで見なかったもの 、ジョセフ・C・ウィルソン4世(ニューヨーク・タイムズ 2003年7月6日)   新型核弾頭,リバモア研究所のデザインに決定、 WILLIAM J. BROAD (Published: March 3, 2007、 NewYork Times) ストップ・アト・スタート、始発駅で停車せよ、 BARRY BLECHMAN (Published: February 18, 2010, New York Times )  
ストップ・アト・スタート、始発駅で停車せよ、 BARRY BLECHMAN (Published: February 18, 2010, New York Times )  イランを警戒:核の威力を指向するライバルたち、 WILLIAM J. BROAD and DAVID E. SANGER ( Published: April 15, 2007 New York Times) 社説 新思考と旧兵器(Published: February 27, 2010 New York Times) 
  米国が直面する脅威 CIA長官の上院証言、ブライアン・ノールトン(インターナショナル・ヘラルド・トリビューン 2004年2月24日 核爆発の後で、 WILLIAM J. PERRY, ASHTON B. CARTER and MICHAEL M. MAY (Published: June 12, 2007, NewYork Times ) 核拡散に向かう死の奔流、 James Carroll (March 15, 2010, Boston Globe) 
イラクのニジェール・ウラニウム物語の広く知られた怪しさがいかに無視されたか、ジェイムズ・ライズン (ニューヨーク・タイムズ、2004年7月14日) 社説 長らく遅滞していた安全確保 ( Published: July 21, 2007, New York Times)   社説 核軍縮新時代(Published: March 27, 2010, New York Times) 
アメリカのヒロシマ、ニコラス・D・クリストフ(August 11,2004.New York Times) 社説 長らく遅滞していた安全確保 ( Published: July 21, 2007, New York Times) オバマ大統領インタビュー抜粋、オバマは、米国の核兵器使用時限定条件を設定する(ニューヨーク。タイムズ、2010年4月6日) 
「核テロ」新ハルマゲドンの秒読み、 JAMES HOGE (ニューヨーク・タイムズ、 September 5, 2004) 社説 ますます悪化する低劣な協定 ( Published: August 5, 2007 New York Times)  社説 NPT条約の修理を(Published: May 8, 2010, New York Times) 
仮想核爆弾の方が実物よりましな時代、デイビッド・サンガー (New York Times  December 5, 2004) イランの核武装は第3次世界大戦をまねく、ブッシュ発 言、SHERYL GAY STOLBERG( Published: October 18, 2007, The New York Times )  (核)兵器問題の齟齬で、米国とイスラエルはさらに離反する、MARK LANDLER ( Published: July 3, 2010, New York Times)
過去のテロと恐怖の未来、 ロバート・ライト(April 26, 2005ニューヨーク・タイムズ電子版) 社説 ますます悪化する低劣な協定 ( Published: August 5, 2007 New York Times) NATO、核の保安とテロの脅威、 SAM NUNN(New York Tomes, November 16, 2010)   
北朝鮮核のゴール:錯綜するシグナル、 DOUGLAS JEHL and DAVID E. SANGER (Published: July 25, 2005,NewYork Times) 社説 インドとの核取引の問題点、最終段階 ( Published: October 6, 2007, New York Times ) 米共和党による軍縮協定反対メモの詳細、 PETER BAKER(Published: November 24, 2010、New York Times) 
 原子力空母原子炉事故第一報 パキスタンの核兵器保安に対する米国の秘密 援助、 DAVID E. SANGER and WILLIAM J. BROAD (Published: November 18, 2007, New York Times)

米政権、核攻撃被爆災害対処戦略を再検討 、 WILLIAM J. BROAD (Published: December 15, 2010, New York Times)

 
パウエル国務長官の側近だった人物がブッシュ政権の政策は「一味徒党の陰謀」で進められていると語る(Former Powell Aide Says Bush Policy Is Run by 'Cabal')By BRIAN KNOWLTON. Published: October 21, 2005 ニューヨーク・タイムズ) 核兵器のない世界を、 ジョージ・シュルツ、ウィリアム・ペリー、ヘンリー・A・キッシンジャー、サム・ナン (January 15, 2008 Wall St. Journal, January 15, 2008 )   パキスタンの核戦力が米国世界政策の 難題となる、 DAVID E. SANGER and ERIC SCHMITT (Published: January 31, 2011, New York Times ) 
核の精神障害、  BOB HERBERT Published( March 6, 2006 NewYork Times) 核密売組織高度核兵器設計図所有説 、 DAVID E. SANGER (Published: June 15, 2008, New York Times ) 社説 パキスタンの核愚挙 ( Published: February 20, 2011, New York Times) 
 米、イラン攻撃作戦計画の策定を推進−ニューヨーカー掲載記事、 ERIC SCHMITT (Published: April 9, 2006 NewYork Times) 考えられないことを考える:核兵器のない世界, CARLA ANNE ROBBINS,タイムズ副編集局長、元ウオールストリートジャーナル記者( Published: June 30, 2008, New York Times ) 米国−リビア核談合によって、カダフィ脅威が 消失していたのだ、 DAVID E. SANGER( Published: March 1, 2011, New York Times) 
 イランの標的、MICHAEL LEVI (Published: April 18, 2006 NewYork Times )  2008年米国民主党の核政策およ び核拡散防止政策,(Nukes of Hazard. Tuesday, August 19, 2008 )  隠された脅威、日本原発の失態で、米国原発の危険性が見えてくる、 HIROKO TABUCHI, KEITH BRADSHER and MATTHEW L. WALD (Published: May 17, 2011, New York Times)
 核爆弾よさらば、MAX M. KAMPELMAN (Published: April 24, 2006,, NewYork Times)  社説 悪しき交渉 (Published: September 9, 2008, NewYork Times)  いつまで続くチェルノブイリ起因甲状線 疾患、JOE NOCERA (Published: July 11, 2011, New York Times)
米国のリーダーシップの欠如が核軍縮を阻害し ている、 WARREN HOGE (Published: June 2, 2006, NewYork Times)  11月4日に9・11を思い出せ, JEFFREY GOLDBERG (Published: September 9, 2008, NewYork Times)  社説 肥大化核兵器予算(Published: October 29, 2011, New York Times)
 ブッシュの北朝鮮対応はあなたが考えている以上に悪い、 グレアム・アリソン、元国防次官、ハーバード大学ケネディ政治学部科学・国際関係ベルファー・センター長 ( LOS ANGELES TIMES,, July 09, 2006)  ゲーツが核実験、核改良について不毛の選択を迫る, Elaine M. Grossman (Global Security Newswire, Wednesday, Oct. 29, 2008)  イラン核武装を平和的に防止する、SHIBLEY TELHAMI and STEVEN KULL (Published: January 15, 2012 , new York Times ) 
北朝鮮の最初の核実験、DAVID E. SANGER (Published: October 9, 2006 NewYork Times)  社説 (反核)ゲームのルール(Published: January 29, 2009, New York Times)  米国情報機関、イランに核爆弾製造意 図なしと判断、JAMES RISEN and MARK MAZZETTI (Published: February 24, 2012, New York Times) 
核クラブに新会員が加入し、規制のほころびが広がり 、危機は高まる、 WILLIAM J. BROAD and DAVID E. SANGERPublished: October 15, 2006 NewYork Times) 英ミルバンド外相、核の世界脱却に向けて6段階計画をセット(guardian.co.uk, Wednesday 4 February 2009)  社説 核のタイムワープ (Published: June 10, 2012, New York Times ) 
盗難核を使われなくする米国のこころみ、Ralph Vartabedian, Times Staff Writer (December 5, 2006, Los Angels Times)   社説 原潜衝突の瞬間( Published: February 23, 2009, New York Times)  社説 イランの核兵器指向(Published: August 27, 2012 , New York Times )
ゼロへの障害 、 PHILIP TAUBMAN (Published: May 9, 2009, New York Times)  イスラエルを宥めるためのイラン封じ込め、米国の提案、 DAVID E. SANGER and ERIC SCHMITT (Published: September 2, 2012, New York Times)  
    核実験で試される、オバマの数少ない選択肢、DAVID E. SANGER (Published: May 25, 2009, New York Times )   オバマ大統領の核政策(The Nuclear Agenda) Published: February 23, 2013, New York Times社説  
    北朝鮮の言うとおりかもしれない、Tad Daley (The Huffington Post, May 29, 2009)  アメリカ、核兵器大規模新鋭化を加速(U.S. Ramping Up Major Renewal in Nuclear Arms)SEPT. 21, 2014、New York Times. By WILLIAM J. BROAD and DAVID E. SANGER
   核のない海、THOMAS LEHRMAN and JUSTIN MUZINICH (Published: September 23, 2009, New York Times) オバマ政権国際政策変換の兆:軍事力依存から外交重視へ(Obama Signals a Shift From Military Might to Diplomacy)By MARK LANDLER, Published: November 25, 2013 , New York Times.  
   核について議論沸騰:イランは核弾頭を開発するのか 、WILLIAM J. BROAD, MARK MAZZETTI and DAVID E. SANGER (Published: September 28, 2009, New York Times)  秘密核兵器デザインの漏洩は偶然だった、ロシアが言明(Russia Says Leak of Secret Nuclear Weapon Design Was an Accident)By ANDREW E. KRAMER NewYork Times, NOV. 12, 2015
   政治的圧力で、パキスタン首脳 が核権限を移譲、SABRINA TAVERNISE and DAVID E. SANGER (Published: November 28, 2009,New York Times) 社説
パキスタンの核の悪夢(The Pakistan Nuclear Nightmare)By THE EDITORIAL BOARD. NOV. 7, 2015, New York Times.
   核テロ防止が最重点、米核政策見直し、THOM SHANKER and ERIC SCMITT (Published: December 18, 2009, New York Times ) 社説
テロリストに核兵器を渡さない
  編集主幹委員会  2916年3月27日、ニューヨークタイムズ
     科学欄
オバマは核兵器先制不使用宣言をしない見込み
Obama Unlikely To Vow No First Use of Nuclear Weapons
By DAVID E. SANGER and WILLIAM J. BROAD.
NewYork Times SEPT. 5, 2016
    北朝鮮の大きな核実験と米国の政策の重大な問題 (A Big Blast in North Korea, and Big Questions on U.S. Policy)
By DAVID E. SANGER, CHOE SANG-HUN and JANE PERLEZ. NewYork Times, SEPT. 9, 2016
    ドナルド・トランプは、先制核をしかけるつもりなのか?確信があるようにはみえない (Would Donald Trump Ever Use Nuclear Arms First? He Doesn’t Seem Sure)
By DAVID E. SANGER, NewYork Times, SEPT. 27, 2016
    トランプが、「米国は新核軍拡競争で打ち勝つ」と言明 (Trump Says U.S. Would ‘Outmatch’ Rivals in a New Nuclear Arms Race)
By MICHAEL D. SHEAR and DAVID E. SANGER NewYork Times, DEC. 23, 2016
    トランプ氏よ、何故核協定を足蹴にするのか?(Why Mess With a Nuclear Treaty, Mr. Trump?) By THE EDITORIAL BOARD, NewYork Times MARCH 6, 2017.