原子爆弾年表 1781-1929

1781
[天明元年]
英国 天王星発見
[ウィリアム・ハーシェル]
(ハーシェルは国王ジョージV世に因んで『ジョージの星』と命名,後にボーデが『ウラヌス』と命名,⇒ ウラン)
1789
[寛政元年]
独国 ウラニウム発見
[マルティン・ハインリッヒ・クラプロート]
(ヨハヒムスザール鉱山・ガラスの着色剤に使用)
1828
[文政11年]
瑞典 トリウム発見
[ヨンス・ヤコブ・ベルセリウス]
(北欧の雷神トールより命名,ガス灯のマントルに使用)
1846. 6
[弘化3年]
仏蘭西 海王星発見
[ウルベーン・J・ルベリエ]
(『ネプチューン』と命名,⇒ ネプツニウム)
1873
[明治6年]
英国 『電気磁気論』出版
[ジェームス・クラーク・マックスウェル]
(電磁場の導入,キャヴェンディッシュ研究所)
1885
[明治18年]
瑞士 スペクトル線の調和律発見
[ヨハン・バルマー]
(分光学,バルマー公式,水素のスペクトル線)
1890
[明治23年]
瑞士 リュードベリ方程式発表
[ヨハネス・リュードベリ]
(分光学,リュードベリ定数)
1895.11. 8
[明治28年]
独国 X線発見
[ウィルヘルム・レントゲン]
(陰極線管の近くの蛍光スクリーン上に手の骨が透けて見えた,1901 第1回ノーベル賞受賞)
1896. 3. 1
[明治29年]
仏蘭西 放射能発見
[アンリ・ベクレル]
(ウラン化合物による写真乾板の自然露光を発見,その後キュリー夫人が放射能と命名,1903 ノーベル賞受賞)
1897
[明治30年]
和蘭 ゼーマン効果発見
[ゼーマン]
(ナトリウムのスペクトル線が磁場により枝分かれする,ローレンツが原子内の荷電粒子で説明,1902 ノーベル賞受賞)
1897 英国 陰性の粒子(電子)発見
[ジョセフ・ジョン・トムソン]
(磁場と電場で陰極線が曲げられる,ブラウン管の原理,キャヴェンディ ッシュ研究所,1906 ノーベル賞受賞)
1898
[明治31年]
英国 α線,β線の発見
[アーネスト・ラザフォード]
(放射能の透過能の差より2種類に区分)
1898.12.26 仏蘭西 ラジウム/ポロニウム発見
[ピエ―ル/マリー・キュリー夫妻]
(ヨハヒムスザールのウラン鉱石より精製,8トンから 10mg,放射「ラジエイト」及び夫人の祖国ポーランドより命名,1903 ノーベル賞受賞,賞金の 6万フランでラジウム研究所開設,1911 マリー ノーベル賞再受賞)
1900.10.19
[明治33年]
独国 量子概念提唱
[マックス・プランク]
(プランク定数,基本量子,輻射の公式)
1900 仏蘭西 γ線の発見
[P・V・ヴィラール]
(α線,β線より強い透過能)
1900 仏蘭西 β線は陰極線であることを証明
[アンリ・ベクレル]
1900 英国 放射性トリウムからの放射性ガス発見
[アーネスト・ラザフォード]
(放射性ガスをエマネーションと呼ぶ,モントリオール・マクギル大)
1900 仏蘭西 ラジウムからの放射性ガス発見
[キュリー/ドルン]
1900 仏蘭西 アクチニュームからの放射性ガス発見
[ドビエルヌ]
1903
[明治36年]
英国 『放射性遷移』論文発表
[アーネスト・ラザフォード( 32才)/フレデリック・ソディ]
(トリウムがラドンガスに遷移,半減期の発見,1908 ラザフォード ノーベル賞受賞)
1903 英国 原子の内部は稀薄な構造である事を証明
[フィリップ・レナード]
(陰極線をいろいろな原子に照射,陰極線のほとんどが通過する)
1903 日本 原子の土星モデル発表
[長岡半太郎]
(電子軌道の安定性を説明できず,1911 ラザーフォードを尋ねているがラザーフォードは言及せず)
1903.12.17 米国 動力飛行成功
[ライト兄弟]
(ノースカロライナ州の砂丘,フライヤー1号)
1905
[明治38年]
独国 『特殊相対性理論』発表
[アルバート・アインシュタイン] ( 27才)
(光電効果を量子的に説明,フォトンの存在,質量=エネルギー,E=mc2 ,1921 ノーベル賞受賞)
1905 英国 α線の質量はどれも等しいことを発見
[オットー・ハーン]
(ラザフォード門下,モントリオール・マクギル大)
1906
[明治39年]
英国 α線の散乱現象発見
[アーネスト・ラザフォード]
(雲母によるα線の屈折,原子内に強力な電場が存在,マクギル大)
1908
[明治41年]
英国 ガイガーカウンター作成
[ハンス・ガイガー]
(電気方式の放射線カウンター,ラザフォード門下,マンチェスター大)
1908 英国 α線はヘリウムの原子核であることを発表
[アーネスト・ラザフォード]
(ノーベル賞記念講演)
1909
[明治42年]
英国 α線の散乱を計測
[アーネスト・マースデン/ハンス・ガイガー]
(金箔を通過中に 90度も曲げられる,ラザフォード門下)
1911. 3. 7
[明治44年]
英国 原子核の存在を表明
[アーネスト・ラザフォード]
(マンチェスター文学哲学会,長岡の土星モデルに気付かず?)
1911.10.30 第1回ソルヴェー会議開催
[アインシュタイン/プランク/ローレンツ/ポアンカレ/マリー・キュリー/ランジュヴァン/ラザフォード]
(ブリュッセル,放射の理論と量子,ランジュヴァンとキュリー夫人のスキャンダル,その直後キュリー夫人のノーベル賞決定)
1911 英国 ウィルソンの霧箱作成
[C・T・R・ウィルソン]
(過飽和水蒸気中を通過するイオン核により一条の霧が発生,キャヴェンディッシュ研究所,1927 ノーベル賞受賞)
1911 墺太利 宇宙線発見
[ヘス]
(気球で 5000mまで上昇,1936 ノーベル賞受賞)
1912.11
[大正元年]
独国 X線の回析現象発見
[マックス・フォン・ラウエ]
(硫化亜鉛の結晶を照射,X線は電磁波の証明,1914 ノーベル賞受賞)
1912 英国 ラジオトリウム発見
[オットー・ハーン]
(バリウム化合物より分離,ロンドン大,後にトリウムの同位体と判明)
1913. 3. 6
[大正2年]
嗹馬 原子の惑星モデル発表
[ニールス・ボーア]
(『原子と分子の構造について』,量子論の導入,バルマーの公式は電子の軌道面に対応,1922 ノーベル賞受賞)
1913.11 英国 X線スペクトルの規則的シフト発見
[ハリー・モーズリー] ( 25才)
(X線スペクトルの回析,量子化された電子軌道の証明,特性X線の周波数は原子番号に従って規則的に増加,1915 トルコ・ガリポリで戦死)
1913 英国 同位元素概念を提唱
[フレデリック・ソディ]
(アイソトープと命名,ラザフォード門下,1921 ノーベル賞受賞)
1913 英国 ネオンの同位元素を気体拡散法で分離
[フランシス・アストン]
(パイプ陶土製の隔壁を通して数千回拡散を繰り返す)
1913 英国 X線の回析理論発表
[ヘンリー/ローレンス・ブラック父子]
(1912 ローレンスがケンブリッジを散歩中に着想,網平面モデル,父親ヘンリーの 考案したX線分光器で確認,1915 ノーベル賞受賞)
1914. 6.28
[大正3年]
第1次世界大戦勃発
(サラエボ,セルビア青年によるオーストリア皇太子暗殺)
1915.11.25
[大正4年]
独国 『一般相対性理論』発表
[アルバート・アインシュタイン]
(水星の軌道の異常を説明,太陽質量による星の光の屈折を予告)
1917. 5.25
[大正6年]
独国 フォークストン爆撃
(ドイツ軍による初の戦略爆撃,ロンドンが雲で見えずドーバー海峡方面へ移動)
1917.11. 7 露国 10月革命
[レーニン/トロッキー]
1917 英国 元素変換発表
[アーネスト・ラザフォード]
(窒素原子にα線を照射して水素の核と酸素のアイソトープに変換)
1918.10
[大正7年]
ハンガリー革命
(ユダヤ人の国外脱出)
1918 英国 質量分光器(マス・スペクトログラフ)発明
[フランシス・アストン]
(質量差より原子の結合エネルギーを求める,写真感光式,キャヴェンディッシュ研究所,1922 ノーベル賞受賞)
1918 米国 質量分析器(マス・スペクトロメータ)考案
[アーサー・デンプスター]
1919. 5.29
[大正8年]
英国 皆既日食で相対性理論証明
[アーサー・エディントン]
(太陽による星の光の屈折,西アフリカ・プリンシペ島で観測)
1920
[大正9年]
英国 『陽子』(プロトン)と呼ぶことを提唱
[アーネスト・ラザフォード]
(イギリス科学振興協会総会)
1920. 6. 3 英国 水素の同位体と中性子(ニュートロン)の存在を表明
[アーネスト・ラザフォード]
(ベーカー講演,王立協会,中性子による核内への侵入の可能性を表明)
1922.12
[大正11年]
嗹馬 ハフニウム発見
[ド・ヘヴェシー/ディルク・コスター]
(72番元素,古代ローマ時代のコペンハーゲンの名称ハフニアより命名,元素の周期表より予測,発見の翌日ボーアがノーベル賞記念講演で報告)
1923.11. 8
[大正12年]
独国 アドルフ・ヒットラー刑務所へ
(『我が闘争』)
1923 米国 コンプトン効果発表
[アーサー・コンプトン]
(X線を黒鉛ブロックで散乱させると波長が長くなることを方解石X線分光計で発見,X線光子が電子と弾性衝突するとエネルギーを失うため波長が伸びる,光の粒子性の証明,1927 ノーベル賞受賞)
1924
[大正13年]
仏蘭西 物質波の概念を提唱
[ルイ・ドゥ・ブローイ] ( 32才)
(1929 ノーベル賞受賞)
1925
[大正14年]
独国 量子力学完成
[ウェルナー・ハイゼンベルク]
(ニールス・ボーア研究所,コペンハーゲン,1932 ノーベル賞受賞)
1926
[大正15年]
墺太利 物質の波動理論発表
[エルヴィン・シュレディンガー]
(1933 ノーベル賞受賞)
1927. 2
[昭和2年]
独国 不確定性原理の着想
[ウェルナー・ハイゼンベルク]
(星空の公園の散歩中,光は粒子としても波動としても存在できる)
1927 英国 電子の波動性の証明
[ジョージ・トムソン]
(結晶表面で反射,アバディーン大学,J・J・トムソンの息子,1937 ノーベル賞受賞)
1927 米国 電子の波動性の証明
[デヴィソン]
(結晶表面で反射,ベル電話研究所,1937 ノーベル賞受賞)
1928
[昭和3年]
米国 陽電子(ポジトロン)の予想
[P・A・M・ディラック] ( 26才)
(ディラック方程式,シュレディンガー方程式に相対論を組込む,電子のスピン,1933 ノーベル賞受賞)
1929. 4
[昭和4年]
米国 サイクロトロンを着想
[アーネスト・ローレンス]
(陽子の連続加速,ロルフ・ヴィーダレーの線型加速器論文より着想)

年表スタートページに戻す