核のない世界へ役割を 英シンクタンクが報告書 (しんぶん赤旗 2009年7月3日)

英国のシンクタンク「公共政策研究所」(IPPR)は6月末、英防衛戦略の全面的な転換を求める報告書を発表し、トライデント型原潜発射核ミサイルによる抑止政策の見直しを要求しました。

 同報告は、「9・11 (米同時テロ)後、金融危機後の世界にあって、国家資金を真の安全保障上の危険に向けなければならない」とし、240億ポンド(約3兆8千億円)に上る国防予算の再検討を求めました。

また核兵器のない世界を推進する必要があり、英国はそのために積極的な役割を果たす必要があると確信する」と強調。「英国独自の核抑止力は安全保障戦略見直しの中で検討されるべきだ」として、@英国の最低限の核抑止力は依然として必要なのかA核抑止力を維持するためのコストなどについての検討を求めました。

同報告は、「世界に破たん国家が増大しテロの脅威が増しているなかで、英国の核兵器など冷戦時代の抑止力は時代遅れになっている」と指摘。政府に対 し、「地政学的な概観、 気候変動やエネルギー不足、核拡散、テロなどこれまでとは違う脅威に対応した」全面的な防衛戦略の再検討を求めています。

同報告は、ジョージ・ロバートソン北大西洋条約機構(NATO)元事務局長、パディ・アシュダウン元国連ボスニア・ヘルツェゴビナ上級代表ら英国の防衛問題の権威らによるもの。政府に対し、欧州諸国との防衛協力強化など、109項目の提言をしています。

(夏目雅至)


ニュース見出し