核輸出規制強化目指す−原子力供給国が実務者会合(朝日新聞 2004年5月25日)

【ウイーン=青木雪雄】 パキスタンからイラン 、リビア、北朝鮮に核技術が秘密裏に拡散した「核の闇市場」問題を受け、核物質・関連技術の輸出規制強化を話し合う「原子力供給国グループ(NSG)」の定例 の実務者会合が24日、スウェーデンのイエーテボリで 開幕した。核物質・技術の包括的な輸出規制強化で合意できるかが焦点だ。

許可条件など協議

 現在は、リストで定められた核物質・関連枝術の輸出は、申請と許可を条件に、国際原子力機関 (IAEA)の包括的保障措置(核査察)協定の締結国に対して認められている。ただ、この協定はIAEA加盟の原子力利用国のほとんどが締結しており、輸出規制の実効性に疑問が持たれていた。

 今回の会合では、IAEAに強制的査察を認める追加議定書を締結しない国には、核技術(汎用品除く)の輸出を禁止する案を討議する。追加議定書を締結しているのは加盟137カ国中55カ国で、未締結国に対して核 技術の輸出を禁じれば、 大幅な規制強化となる。

 規制の対象になるのは、プルトニウムなどの核物質、原子炉、ウラン濃縮・再処理用のプラントや、関連する技術。

 さらに会合ではIAEAのエルバラダイ事務局長やブッシュ米大統領が提案したウラン濃縮およびプルトニウム抽出技術の移転規制についても協議する見通し。議論が決着するまで、「機微技術」 の輸出を一時停止するモラトリアム案も、一部の 国から提案されている。

 中国の加盟問題も話し合う。米国、ロシアをはじめ加盟国の多数は加盟を支持しているが、「中国は国内輸出法制の改正が遅 れている」とする欧州諸国は難色を示している。

 NSGの意思決定は全会一致が原則。輸出規制強化に反対する国もあり、今回の会合で合意が達成されるかは微妙だ。

 会議は非公開。27、28の両日に総会が開かれ、最終日に討議結果についての声明を出す予定だ。 NSGは、IAEAのように核不拡散条約(NPT)に基づく組織ではなく、合意しても違反への制裁など強制力のない 「紳士協定」だ。また輸出国側が核拡散を防ぐための組織で、輸入国側は加盟できない。「核の闇市場」問題では、パキスタンのカーン博士がイランやリビア、北朝鮮に秘密裏に核技術を輸出した問題が発覚した。これらの国はNSGに参加しておらず、制度のあり方が問われている。


ニュース見出し