エルバラダイ氏、核軍縮へ3段階提案 ノーベル賞授賞式(朝日新聞 2005年12月11日)

 05年のノーベル平和賞授賞式が10日、オスロの市庁舎であり、共同受賞した国連の専門機関の国際原子力機関(IAEA、本部ウィーン)とモハメド・エルバラダイ事務局長(63)にメダルと賞金1000万スウェーデンクローナ(約1億5000万円)が贈られた。同氏は受賞演説で、非核保有国に核燃料の供給を保証する新構想「核燃料バンク」を軸に、段階的に核軍縮を目指す道筋を提案した。

 エルバラダイ氏の提案は、三つの段階を想定。まず、核物質が過激派に渡らぬよう国際的監視網を強化し、IAEAによる査察も強める。次に、ウラン濃縮や核燃料の再処理を自粛するなど条件を満たした非核保有国に対し、核燃料の供給を保証する「核燃料バンク」をIAEAの管理下に創設。さらに、核兵器を保有する国の軍縮に弾みをつけるというもの。同氏は「三つの段階を緊急に導入すれば、(核軍縮は)現実的で到達可能な目標だ」と述べた。

 また、冷戦後の世界について「富める国と貧しい国、南と北に架かる橋を築いていない」と指摘。貧困が核拡散助長の土壌になっていると問いかけた。

 IAEAと自身の役割を、母国エジプトにある孤児院とそれを支援している自らの親族に重ね合わせ、「人間の安全保障という同じゴールを異なる道で希求している」と訴えた。同氏は9日の記者会見で、平和賞の賞金をもとに、孤児を支援する基金を設立する考えを明らかにした。

 一方、ノーベル賞委員会のミュース委員長は演説で、平和賞の有力候補と伝えられていた日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)に言及し、「広島、長崎への原爆投下後、世界は悲劇を二度と繰り返してはならないとの思いを共有した。被団協(の活動)をたたえる」と述べ、核廃絶を求める被団協の取り組みに敬意を表した。


ニュース見出し