「核の番人」IAEA事務局長に天野氏 日本人で初(朝日新聞2009年7月3日)

  
 【ウィーン=玉川透】3月の投票で決着がつかず、仕切り直しとなった国際原子力機関(IAEA)の事務局長選挙が2日行われ、再挑戦した日本の天野之弥(ゆきや)ウィーン国際機関日本政府代表部大使(62)が当選した。原子力の平和利用、核拡散防止の要であるIAEAのトップに日本人が就くのは初めて。9月の年次総会で正式承認され、12月1日に就任する。任期は4年。

 唯一の被爆国・日本からの「核の番人」のトップとして、停滞ぎみだった核軍縮・不拡散体制強化への強力なリーダーシップが求められる。同時に、北朝鮮の核実験やイランの核開発疑惑など、緊急性の高い問題が山積するなかでの就任であり、待ったなしの手腕発揮を迫られることになりそうだ。

 天野氏は当選を決めた直後の記者会見で「日本は原子力の平和利用と核不拡散を両立しているモデルともいうべき国。その経験を世界に役立てていきたい」と述べた。

 選挙は、現事務局長のエルバラダイ氏が11月に任期切れを迎えるのに伴うもので、3人が立候補。上位2人に残った天野氏と南アフリカのミンティIAEA担当大使(69)それぞれに対する信任投票で、天野氏は当選に必要な投票数の3分の2以上となる23票を獲得した。35理事国中、信任投票では1カ国が棄権した。

 現在、主要な国際機関の日本人トップでは、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の松浦晃一郎事務局長が今年中に退任予定。このままだと国際エネルギー機関(IEA)の田中伸男事務局長だけとなり、日本政府をあげて天野氏当選に向けた選挙運動に取り組んできた。

 中曽根外相は2日深夜、「国際社会の幅広い支持を得ることができたことを大変喜ばしく思う」との談話を発表した。


ニュース見出し