核軍縮再始動 (朝日新聞 2009年2月21日夕刊)


日本とオーストラリアの連携で設置した「核不拡散・核軍縮に関する国際委員会」が今月、ワシントンで会合を開いた。 「核のない世界」を提唱するオバマ新政権発足をにらんでのことだ。オバマ政権はロシアとの新たな核軍縮条約交渉を急ぐ方針を表明。ブッシュ前政権時代に凍りついた核軍縮政策が再始動しようとしている。 (ワシントン=論説委員・吉田文彦 )

重鎮集結、行動計画練る

 国際委員会は、核廃絶に向けた新提言を出すために設けられた。川口順子元外相とエバンス元豪外相が共同議長をつとめる。昨年6月、初来日の場に広島を選んだラッド豪首相が提唱し、日豪の連携で設置が決まつた。メンバーは、2年前に論文「核兵器のない世界」を発表した安全保障問題の米国の重鎮4入の一入であるペリー元米国防長官のほか、ブルントラント元ノルウェー首相、中国の王英凡・元国連大使ら有識者15入。初会合は昨年10月にシドニーで開かれ、今回が2回目だった。

14、15日の会合では、提言の中身を次の2段階に分けて考えることで合意ができた。

第1段階 米ロだけでなく他の核保有国も軍縮交渉を進め、核兵器ゼロというゴールが視野に入るまで

第2段階 第1段階から核廃絶にいたるまで

 実際に核兵器のない世界を実現するには、核兵器の再組み立て禁止、核物質盗難の防止などの対策が不可欠だ。第1段階から第2段階へと切れ目なくつながるよう、きめ細かな行動計画を提言する方針だ。

  会合前日、共同議長らはバイデン米副大統領、ジョーンズ米大統領補佐官(国家安全保障担当)や米上下両院の外交委員長らを訪ね、国際委員会の提言に注目するよう促した。 「(米指導部の反応は)予想以上に前向き」とエバンス氏は語る。

 会合では、サーロー節子さん (カナダ在住)、岩佐幹三さん、道上昭雄さんの3入の被爆者の証言も聞いた。 「入間性と核兵器は共存できない」。広島で被爆したサーローさんが語り終えると、エバンス氏は彼女に向かって合掌した。

 委員会は6月にモスクワで、 10月に広島で会合を開き、遅くとも年内に提言をまとめる方針。川口元外相は「広島で主なところは合意したい」と話す。

米ロ新条約交渉へ

 オバマ新政権もスタートダッシュをかけようとしている。米国務省の当局者は5日、今年末で期限切れになる第1次戦略兵器削減条約(START!)の後継条約の交渉をロシアと急いで進めると表明した。

 オバマ陣営のアドバイザー役の一入だった核問題の専門家シリンシオーネ氏は語る。 「まず、ロシアと大幅な核軍縮を進め、それを足揚に他の核保有国も含めた核軍縮につなげる。米国が包括的核実験禁止条約(CTBT)を批准し、中国などにも批准を促す。並行して核不拡散条約(NPT)を軸にした国際的な拡散防止体制の強化を進める。イラン、北朝鮮問題の外交による決着をめざす。それが構想の大所だ」

 このシナリオには多くの難題が待ち構えるが、オバマ政権内では核政策の再編に向け、陣容整備が進む。バイデン副大統領のもとに不拡散担当の補佐官を置くほか、国家安全保障会議に大量破壊兵器の拡散・テロ防止を担当する部署を新設する方針という。

 毎年、政治家や軍事問題の専門家たちが集まる「ミュンヘン安全保障会議」。今年の会議初日の6日。キッシンジャー米元国務長官が登場し、早期にSTART1を延長し、さらなる核軍縮へつなげるべきだと提案した。「核兵器のない世界」を発由した4入のうちの1入だ。

 会議にはバイデン米副大統領も出席し、 「リセットボタンを押して、ロシアと共同作業をする時だ」と強調した。ロシアのイワノフ副首相もオバマ政権誑生で「好機の窓」が開いたと、ひとまず歓迎の意を示した。


ニュース見出し