核弾頭「25年までに2千発以下」 賢人会議(ICNND)が最終報告(朝日新聞2009年12月16日)

日豪政府が主導して発足した国際賢人会議「核不拡散・核軍縮に関する国際委員会」が15日、最終報告書を発表し、鳩山由紀夫首相とラッド豪首相に提出した。「核なき世界」に向けた政策提言として、現状で2万数千発ある世界中の核弾頭を2025年までに約10分の1の計2千発以下にすると掲げ、核保有国が核攻撃されない限り核を使用しないと明確にする「先制不使用」宣言を同年までに実現するよう提唱した。

 「核兵器は非人道的で使えない兵器だ」と主張しつつ、政策提言では実現可能性も重視した。主な項目では(1)2012年までの短期目標として、核保有の目的は核攻撃に対する抑止に限るという宣言(2)2025年までの中期目標として、先制不使用宣言(3)それ以降の長期目標として、核抑止が意味をなくすような国際政治環境づくりなどを掲げた。

 賢人会議は川口順子元外相とギャレス・エバンズ元豪外相を共同議長として昨年10月発足。核保有国を含む主要国の元高官ら15人の委員が今年10月、被爆地・広島での最終会合を経て報告書をまとめた。今後は各国政府に実現を働きかける方針という。鳩山首相は報告書を受けて「政府として(核廃絶の実現に)できる限りの努力を約束する」と語った。(前川浩之)



ニュース見出し