イラク攻撃の死者5万〜26万人 医師の国際会議IPPNWが試算(朝日新聞 2002年11月14日)

 米国などがイラクを攻撃した場合、最初の3カ月で、双方の兵士やイラク市民ら5万〜26万人が死亡するとする報告書を、核戦争防止国際医師会議(IPPNW)が12日にまとめた。内戦や難民の増加も懸念され、長期的には死者がさらに20万人ほど増える恐れがあるという。

 湾岸戦争(90〜91年)の作戦行動や死者・負傷者の発生状況、衛生状態などのデータをもとに、医療や公衆衛生の専門家が試算した。

 戦闘そのもので死亡するイラク側の兵士や市民は、バグダッドやバスラなど都市部を中心に計6000〜16万人。もし米軍などが核兵器を使ったら、バグダッドだけで30万〜360万人が死亡するとみている。

 米軍などの戦死者は百数十〜8000人に予想されるものの、イラク軍が生物兵器や化学兵器を使った場合、さらに数百〜3万人が戦死する。

 一方、戦闘で多くの医療施設が破壊され、衛生状態も極度に悪化することから、終戦後3カ月以内に4万〜6万人のイラク市民が命を失う。その後も内戦が起きたり、多数の市民が難民化したりして、さらに20万人が死亡する恐れがある。

 試算に加わったアメリカン大学のロバート・ムシル教授は「戦争はテレビゲームではない。生身の米国人やイラク人が死ぬ。フセインに圧力をかけて大量破壊兵器を放棄させ、戦争を避けるべきだ」と話している。


ニュース見出し