IAEA査察団がイラン入り 第2の濃縮施設を査察(朝日新聞2009年10月26)


 【テヘラン=吉武祐】イランが建設している第2のウラン濃縮施設を調べる国際原子力機関(IAEA)の査察団が25日、イラン入りした。27日まで滞在する予定という。イラン側は全面協力を約束しているが、これまでのところ非協力的とも指摘されている。

 イランのメヘル通信によると、査察団は同日、第2のウラン濃縮施設を訪れた。平和目的とするイラン側の説明を確認するほか、イラン原子力庁に対し、同施設の関連資料の提出を求めるとみられる。

 イラン当局の説明では、施設はテヘランから100キロ以上南、聖地コム近郊にあり、「フォルドゥ」と呼ばれる。濃縮に使う遠心分離器を約3千基設置する計画とされ、現在稼働中のナタンズの施設で設置済みの約8千基を下回る。ただサレヒ原子力庁長官は、第2の施設には、性能を向上させた新型遠心分離器を設置する考えを示している。

 イランは、蓄積した低濃縮ウランの大部分を国外で加工する計画の実施方法について、IAEAの合意草案への返答を保留している。この計画とともに今回の査察は、イランが国際社会との信頼醸成をする機会となる。

 ただ、これまでに核関連施設への監視カメラ設置や技術者への接触を制限するなど非協力的な姿勢が指摘されている。今回の査察が円滑に進むかどうかが、イラン核問題の解決をめざす協議の行方を左右する。


ニュース見出し