イラン、核協議で譲歩提案へ 濃縮ウラン、国外搬出も(朝日新聞2013年9月24日)

 【ニューヨーク=神田大介、大島隆】イランが26日に予定される欧米など6カ国との核協議で、保有するウランを燃料に転用したり、第三国に搬出したりする案を示す意向であることが、イラン政府関係者への取材でわかった。いずれも、ウランを核兵器に転用しない裏付けとなりうる措置。実現すれば、日本などが加わる国際的な対イラン制裁の緩和につながる可能性がある。

 同様の案は、イランと核協議をする6カ国(米英独仏中ロ)や国際原子力機関(IAEA)も過去に提示したが、強硬派のアフマディネジャド前大統領は拒否するか、受け入れても実行しなかった。穏健派のロハニ大統領は自発的な提案で譲歩の姿勢を示し、欧米との信頼醸成につなげたい考えだ。

 イラン政府関係者によると、保有する185キロの20%濃縮ウランについて、IAEAの監視下で燃料棒にし、兵器への転用をできないようにする。約250キロの20%濃縮ウランを90%まで濃縮すれば、原子爆弾1発ができる。

 また、濃縮率5%の低濃縮ウランについては、いったん隣国トルコに搬出する想定。その後にロシアへ移送して20%に濃縮し、燃料棒にして首都テヘランの医療用研究炉に戻す。

 イランはこうした措置の見返りとして、欧米や日本、中国などとの貿易を制限する経済制裁の緩和を求めていく。この案で欧米と合意できれば、27日からウィーンで開かれるIAEAとの協議で、核兵器開発の疑いがあるテヘラン近郊パルチンの軍事施設への査察受け入れにも踏み込む構えだという。

 6カ国との協議は26日、国連総会開催中のニューヨークで開かれ、イランのザリフ外相のほか、ケリー米国務長官ら米英独仏中ロの外相が出席する。米、イラン両国政府当局者の会談としては、1979年のイスラム革命以来最も高いレベルになる。

 米国務省のサキ報道官は声明で「イランの新政府が核問題の外交的解決に取り組み、IAEAの調査に全面的に協力することを希望する」としたうえで、ザリフ氏の参加を歓迎した。

 今回の協議は短時間の見通しだが、10月に再度協議をする。

イラン核交渉、いきなり正念場 27日にIAEAと協議 (朝日新聞2013年9月24日)

 【ウィーン=喜田尚、テヘラン=神田大介】イランの核開発をめぐり、同国の穏健派ロハニ政権は27日、査察拡大を求める国際原子力機関(IAEA)と初の協議に臨む。対外的な柔軟姿勢を強調してきた新政権が、現実の核交渉でいきなり正念場を迎えそうだ。

 協議はウィーンで行われる。イランはIAEAから、「2003年以前に核兵器開発に直接つながる活動を計画的に行い、今も続けている可能性がある」との疑惑を突きつけられている。焦点は、核爆弾に使う高性能爆薬の実験が行われたとされるテヘラン郊外のパルチン軍事施設への査察を認めるかどうかだ。

 疑惑は11年11月に天野之弥(ゆきや)IAEA事務局長が理事国への報告書で指摘。新たな査察をめぐる交渉で一時は進展も期待されながら、実際にはずっと平行線をたどってきた。

 関係者は、アフマディネジャド前政権末期のイランの交渉姿勢について「いったん合意したはずの内容を次の協議で蒸し返すなど、時間稼ぎの意図があらわだった」と明かす。

 27日の交渉が正念場となるのは、11月に開催される次のIAEAの定例理事会で疑惑指摘から2年を迎えることになるからだ。それまでに「何の進展もなかった場合は何らかの行動をおこさざるを得ない」との声が理事国間で高まっている。

 一方で、穏健派のロハニ政権の発足で「交渉に何らかの進展があるはず」との期待が高い。IAEA外交筋は「その期待が裏切られた時の反動は大きい」とも懸念する。

 米国は「ロハニ政権が言葉通りの透明性と協力姿勢を具体的な行動で示すことに期待する」とし、11月までに交渉の進展を求める姿勢を強調する。

 一方、イランは前外相のサレヒ原子力庁長官が16日のIAEA年次総会で登壇。「IAEAとの協力を拡大する」とする一方、「イランはすでに日本に次いで世界で2番目に厳しい査察を受けている」とし、「原子力の平和利用の権利」を強く主張した。

 イランは、国連安保理が停止を求めるウラン濃縮活動を続け、アフマディネジャド前政権末期にその能力を飛躍的に向上させた。さらに、天野事務局長が8月末に理事国に配布した報告書によると、2月に初めて確認された「IR2m」と呼ばれる新型遠心分離器の設置が急速に進み、近くその稼働に向けた実験を始める意向も示している。

 欧米は、イランの核開発が平和目的かどうか査察で確認されないまま、その開発能力だけが上がっていく実態に懸念を持っている。



イラン核問題の解決に意欲 オバマ氏、国連総会で演説(朝日新聞2013年9月25日)

 
【ニューヨーク=中井大助】オバマ米大統領は24日午前(日本時間同日夜)、国連総会で演説した。シリアでの化学兵器の使用を巡り国連による対応を求める一方、イランの核問題や中東和平については外交協議を通じての解決に意欲を示した。

 オバマ氏はシリアについて「化学兵器の使用禁止が徹底されることを出発点にしなければならない」と指摘。化学兵器の廃棄についてアサド政権に約束を守らせるため「強い国連安全保障理事会決議が必要で、守らない場合は結果が伴わなければならない」とした。

 一方、米国の当面の外交努力はイランの核問題と、アラブ諸国とイスラエルの対立の解消に向けると表明。米国との外交断絶が続くイランについては「難しい歴史を一晩で乗り越えることはできないが、核問題を解決できれば、これまでとは異なる関係への大きな一歩になる」と述べた。オバマ氏はさらに、イランによる原子力の平和利用を認めるべきだとしたうえで、関係国とともにイラン政府との外交交渉を進めるようケリー米国務長官に指示したことを明らかにした。

 核問題を巡っては、イランは26日に予定される欧米など6カ国との協議で、保有するウランを燃料に転用したり、第三国に搬出したりする案を示す意向であることが、イラン政府関係者への取材でわかっている。いずれも、ウランを核兵器に転用しない裏付けとなりうる措置で、実現すれば、日本などが加わる国際的な対イラン制裁の緩和につながる可能性がある。

 イランのロハニ大統領も国連総会で24日午後に演説する予定。アフマディネジャド前大統領は演説のたびに欧米を批判したが、欧米との対話を掲げて就任したロハニ大統領がどのような言葉を語るのかに関心が集まる。また、オバマ氏とロハニ大統領が何らかの接触をする可能性も注目されている。



米・イラン首脳の「接触」実現せず イラン側が断る(朝日新聞2013年9月25日)


 【ニューヨーク=大島隆、神田大介】国連総会に出席している米国のオバマ大統領とイランのロハニ大統領の接触について、米側の打診をイラン政府が断っていたことがわかった。

 米政府の説明によると、ロハニ師の大統領就任後にイランが欧米諸国との関係改善を求める姿勢に転じたことを踏まえ、オバマ政権は正式な首脳会談ではなく短時間で会話を交わす程度の「接触」を模索。実現すれば、1979年のイラン・イスラム革命後、初の大統領同士の接触となるはずだった。

 両国政府は24日に事務レベルで調整をしたが、最終的にイラン政府側が断ったという。ホワイトハウス高官は「現時点で接触をするには、イランの国内状況があまりに複雑なことが明白になった」と話した。一方、イラン政府関係者によると、イランはオバマ氏との接触を時期尚早と判断した。26日には米英独仏中ロの6カ国と、27日からは国際原子力機関(IAEA)と核開発問題をめぐる協議が予定されており、協議の進展を踏まえて改めて接触を検討するという。

 オバマ大統領はケリー国務長官に核問題の解決に向けた外交努力を続けるよう指示しており、ケリー氏とイランのザリフ外相は26日の協議の場で話し合う予定だ。

ニュース見出し