米イラン両大統領が電話協議 断交後、初 核問題話す(朝日新聞2013年9月28日夕刊)

 【ワシントン=大島隆】米国のオバマ大統領とイランのロハニ大統領は27日、電話で協議し、イランの核問題の早期解決をめざすことを確認した。1979年のイラン・イスラム革命をきっかけに国交を断絶して以来、両国の大統領が初めて直接言葉を交わした。

 米国とイランは30年以上にわたって互いを敵視する政策をとり、近年はイランに核兵器開発の意図が疑われることで緊張が高まっていた。しかし、8月に大統領に就任したロハニ師が欧米との関係改善を求める姿勢に転換。オバマ政権もこれを評価していた。

 ホワイトハウス高官によると、電話協議は約15分間で、両首脳は核問題での合意に向け迅速に取り組むことを確認。オバマ氏は「核問題での大きな進展は、より深い両国関係への機会にもなり得る」と伝え、両国間の信頼構築が必要との認識でも一致した。ライス大統領補佐官(国家安全保障担当)はCNNのインタビューで、イラン側から電話協議の打診があったと明らかにした。

 オバマ氏はホワイトハウスで記者団に「ロハニ大統領は、イランは核兵器を決して開発しないと明言した。我々はイランが義務を果たせば、平和的な核エネルギー利用の権利を尊重する」と述べ、イランが国際社会の懸念を払拭(ふっしょく)する措置を取れば、核の平和利用を認める考えを改めて示した。

 国連総会出席のためニューヨークに滞在していたロハニ師はツイッターで電話協議を明らかにした。双方ともに「核問題を早急に解決するという政治的意思」を表明した、と述べた。

 オバマ大統領は24日に国連本部でロハニ師と接触しようとしたが、このときはイラン側が直前に断った。ただ、26日の欧米など6カ国とイランによる核問題協議には、米国のケリー国務長官とイランのザリフ外相が出席。個別に会談もした。


米イラン、手探り対話 断交後初の首脳協議、核解決で一致(朝日新聞2013年9月29日)


 オバマ米大統領と米国滞在中のイランのロハニ大統領が27日、電話で協議し、核問題の早期解決を目指すことで合意した。30年以上にわたり、お互いを敵視してきた両国は、関係改善に踏み出せるのか。中東の大きな不安定要因だったイランの核問題は解決に向かうのか。

 ■ロハニ師側から打診

 親米だったイランが反米に転じたのは、1979年のイラン・イスラム革命だった。米国の威信を背景に独裁体制をしいていたパーレビ王制をイラン国民が力ずくで倒したことをきっかけに、両国関係は断絶した。27日の電話協議は、革命以来初となる両国首脳の直接対話だった。

 協議を申し出たのは、イラン側だった。8月に就任したロハニ師は、欧米による経済制裁を解くため、関係改善に積極的だ。イラン政府の関係者は「国連総会への出席など口実に過ぎない。ロハニ師がニューヨーク入りした狙いは、当初から米国との直接対話にあった」と打ち明ける。

 しかし、ロハニ師は、オバマ氏が提案していた24日の国連内での「接触」を拒否した。核開発問題の解決に向けたイラン側の計画案を提示する前に、軟化したかのような印象を与えれば、効果が薄れるのではないか、との判断があったとされる。

 転機は26日にあった欧米中の6カ国外相との核協議だった。会議の内容は明らかにされていないが、和やかな雰囲気の中で順調に終わり、イランのザリフ外相と、ケリー米国務長官の直接会談も実現した。互いの信頼が高まったとみたイランは一気に核交渉を進めるため、電話協議の提案に踏み切ったという。

 イラン政府関係者は「最良のタイミングを見計らっていた。大事なのは、ロハニ新政権が従来のイランとは違うと知らせること。あとは前へ進めるだけだ」と話す。

 歴史的な会話は約15分。一連の日程を終えて空港に向かう途中の車内で、実現した。ロハニ師はオバマ氏より一足早くツイッターで協議の事実を明らかにし、「核問題を早急に解決するという政治的意思をお互いに表明した」と語った。


 ■オバマ氏「機会つかもう」

 「我々には核問題を解決するチャンスがある。協力してこの機会をつかむべきだ」。オバマ氏は電話でこう呼びかけたという。

 ホワイトハウス高官は「心のこもったやりとりだった」と話す。オバマ氏は大統領当選に祝意を伝え、最後にはオバマ氏がペルシャ語で、ロハニ師が英語でそれぞれ別れのあいさつをして締めくくった。

 オバマ氏は協議後、記者団に「核問題の進展は新しい両国関係にもつながり得る」と改めて関係改善に意欲を示した。

 世界の安定を担う「特別な国」を自負する米国にとって、イランの核開発は大きな懸念材料だ。ブッシュ前大統領はイランを「悪の枢軸」と位置づけ、米国は今なお「テロ支援国家」に指定している。核問題を外交的に解決させれば、イランが政権を支援しているシリアの情勢や、中東和平交渉への波及効果も期待できると読む。

 イランとの核問題協議に携わる国務省高官は、こう話す。「イランはいま、我々が欲しいものを与えることで、自分たちが望むものを得られるかをテストしている。それは我々も同じだ」


 ■国外搬出案提示か 双方、根強い不信感

 ロハニ師は27日の会見で、10月15、16日にジュネーブである6カ国との協議で、核問題の解決案を示すと表明した。濃縮ウランを核兵器に転用しない証しとして、国際原子力機関(IAEA)監視下での国外搬出や核燃料化などを示す見通しだ。

 テヘラン近郊パルチンの軍事施設に対する査察の受け入れも焦点だ。IAEAが2011年11月、核兵器をつくるために必要な高性能爆薬の実験があった可能性を指摘したが、イランは査察の拒否や先延ばしを続けてきた。国内の反米強硬派が査察に反発している。

 この2点で折り合いがつけば、協議は一挙に解決へと向かう可能性があり、関係各国は数カ月という短期間での合意を目指している。

 ただ、相互の不信を払拭(ふっしょく)するのは、容易ではなさそうだ。

 米国内では、「核兵器は決して開発しない」というロハニ政権に懐疑的な見方も根強い。イランは、06年から4度にわたる国連安全保障理事会の制裁決議を無視し、ウラン濃縮を続けてきた。イラン・イスラム革命の直後、外交官らを444日にわたって人質にとられた米大使館占拠事件の記憶も、なお語り継がれている。

 米下院のロイス外交委員長(共和党)は27日、「イランが核開発をやめるまでさらに経済的圧力を強化すべきだ」との談話を発表し、早期の制裁緩和に踏み切らないようオバマ政権を牽制(けんせい)した。

 イラン国内の反発も予想される。地元記者によると、テヘランでは28日、帰国したロハニ師が支持者に歓迎される一方で、「米国を倒せ」「米国と妥協するな、闘いあるのみだ」などと掲げる強硬派の姿もあった。ロハニ師の車に靴や卵を投げようとした暴徒が警察に取り押さえられる騒ぎもあったという。

 (神田大介=ウィーン、大島隆=ワシントン、吉武祐)




イスラエル、米イラン関係改善に焦り 「だまされるな」(朝日新聞2013年9月29日)


 【カイロ=山尾有紀恵】イスラエルが、事実上の同盟関係にある米国と、敵対するイランの関係改善に焦りを募らせている。26日の米イラン外相会談に続き、27日にはオバマ米大統領とイランのロハニ大統領の首脳対話が実現。「イランの甘い言葉にだまされるな」と訴えている。

 「予想通り、偽善に満ちた嘲笑的な演説だった」。イスラエルのネタニヤフ首相は25日、ロハニ師が米国などとの対話に前向きな姿勢を示した国連総会の演説をこう評した。「人権を訴えながら、罪のないシリア国民の虐殺に関与している。テロを非難しながら、世界中でテロを行っている」とも指摘。イランが核開発をめぐり譲歩する姿勢を見せているのは「核兵器を獲得するための時間稼ぎだ」と断じた。

 エルダン民間防衛相は27日のイスラエル軍放送のインタビューで、「ロハニ師の温和な顔や美辞麗句が米国民に向けられている間に、見えないところで(ウラン濃縮の)遠心分離器が回り続けている」と述べ、ロハニ師との対話路線に傾倒する欧米諸国に懸念を示した。

 イランが北朝鮮のように原子力の平和利用を主張しつつ核兵器を獲得すると警戒するイスラエルは、オバマ政権にイランへの圧力を強めるよう求めてきた。だが、オバマ大統領は外交的解決を優先。ネタニヤフ首相は、30日に予定されるオバマ大統領との会談や10月1日の国連総会の演説で、「ロハニ師の穏健派のイメージを利用したイランの策略に陥るな」と訴える方針だ。

 一方、イランはしたたかな動きを見せる。ロハニ師は米メディアの取材に積極的に応じ、イランに核兵器獲得の意思はないとアピール。24日の米CNNのインタビューでは、「ユダヤ人に対するナチスの犯罪を含む人道に反する罪は非難されるべきだ」と語り、ホロコースト(ユダヤ人大虐殺)の歴史を認めた。アフマディネジャド前イラン大統領はホロコーストを作り話だと否定し、「イスラエルは地図から消し去られるべきだ」などと発言。対照的な姿勢をのぞかせる。

 また、国連総会の核不拡散会合で演説したロハニ師は、事実上の核保有国であることを隠し続けるイスラエルに対して「地域で唯一、核不拡散条約(NPT)に加盟していない。ただちに加盟すべきだ」と主張。中東地域や世界の非核化を唱え、自らの核開発を棚に上げてイランを批判するイスラエルの姿勢に疑問を呈した。

 米国とイランの関係改善を苦々しく見守るのは、サウジアラビアなど親米のイスラム教スンニ派の湾岸産油国も同じだ。イスラム教シーア派を国教とするイランは、シーア派を異端視する湾岸諸国と対立関係にある。シリアの内戦でも、両者はシーア派系のアサド政権を支援するイランと、スンニ派が中心の反体制派を支援する湾岸諸国に割れている。

 ロハニ師は、サウジアラビアなどとの関係修復に前向きな姿勢を示しているが、両者の確執は根深い。サウジアラビアの地元紙は米国とイランの接近について、アラブが今後代償を払わねばならない「政治的な浮気」と論評している。

ニュース見出し