内閣府は、日本が国内外で保有するプルトニウムが昨年末現在で47・1トンになり、前年に比べ2・9トン増えたと原子力委員会に報告した。増えた半分は、英国に委託した使用済み燃料の再処理が進んだ分。国内分は10・8トンで1・5トン増えた。

 国内の再処理工場は動いていないため、国内で新たに精製されてはいない。フランスで再処理、製造されたプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料が昨年6月に返還されたことで、0・9トン分が増えた。

 さらに、九州電力玄海原発(佐賀県)で原子炉から昨年3月に取り出された未使用MOX燃料の640キロ分も増えた。原子炉内の燃料は未使用でも「使用中」として扱われるため集計対象外だったが、再び集計に加えられた。

 日本など9カ国は、国内の民生用プルトニウム保有量を国際原子力機関(IAEA)に報告している。12年末最多は英国の120トン。

ニュース見出し