核軍縮勧告まとまらず NPT準備委保有国批判相次ぐ(朝日新聞 2014年5月10日夕刊)

 国連本部で開かれた核不拡散条約(NPT)再検討会議の第3回準傭委員会は9日、来年の再検討会議で合意文書のたたき台となる勧告をまとめられないまま閉幕した。核兵器不拡散を重視する核兵器保有国と、核軍縮の進展を訴える多くの非保有国との溝が埋まらな加った。

 準備委は先月28日に開幕。今回は米国、ロシア、英国、フランス、中国の核兵器保有5力国が核軍縮の取り組み状況を初めて報告。だが、いずれも核兵器に依存する核抑止政策に変更はなく、ロシアと中国は核弾頭の保有数も公表しなかったため、各国から失望や批判の声が相次いだ。

 準備委のロマンモレイ議長(ペルー)は7日に勧告案を提示。2010年の再検討会議で核保有国に課された核軍縮の取り組みについて、完了までの行程を明確
にするとし、核兵器の使用は入類に壊滅的で非入道的な結果をもたらーすと「核の非人道性」も盛り込んだ。

 保有国は「実現性が低い」と批判し、一方、核廃絶に積極的なメキシコやインドネシアなどの非保有国は「保有国のさらなる削減努力を明記すべきだ」と懸念を表明した。

 NPTは核兵器保有国を増やさない不拡散体制の基本となる国際的な決まり。1975年から5年ごとに再検討会議を開き、体制強化を目指してきた。
(ニューヨーグー=山本恭介、春日芳晃)



核兵器の非人道性、広がる理解 米も言及 NPT準備委(朝日新聞 2014年5月6日)

 ニューヨーク=春日芳晃:ニューヨークの国連本部で開かれている核不拡散条約(NPT)再検討会議の第3回準備委員会で、核軍縮の新たな世界的潮流「核兵器の非人道性」に言及する国が目立っている。これまで批判的、消極的だった核兵器保有国では米国が理解を示した。

 4月29日午前、準備委会場の国連議場にゴットメラー米国務次官の声が響いた。「約70年にわたり、国際社会は、核兵器が国家としての安全、人間としての生存に突きつける重大な挑戦と苦闘してきた」「私はマーシャル諸島と広島を最近訪問し、たゆまずこの挑戦と向き合うべきだと学んだ。核兵器が人間に与える影響を記憶に刻むことは、我々の責務だ」

 「ヒバクシャ」の声を人類は忘れてはならないとのメッセージだ。

 同日午後に会見したカントリーマン米国務次官補は、「日本と米国ほど、核兵器の使用がもたらす非人道的結末をわかっている国はない。米国は核兵器を使用しないと固く決心している」とさらに踏み込んだ。


 4月29日午前、準備委会場の国連議場にゴットメラー米国務次官の声が響いた。「約70年にわたり、国際社会は、核兵器が国家としての安全、人間としての生存に突きつける重大な挑戦と苦闘してきた」「私はマーシャル諸島と広島を最近訪問し、たゆまずこの挑戦と向き合うべきだと学んだ。核兵器が人間に与える影響を記憶に刻むことは、我々の責務だ」

 「ヒバクシャ」の声を人類は忘れてはならないとのメッセージだ。

 同日午後に会見したカントリーマン米国務次官補は、「日本と米国ほど、核兵器の使用がもたらす非人道的結末をわかっている国はない。米国は核兵器を使用しないと固く決心している」とさらに踏み込んだ。

ニュース見出し