新核弾頭の採用決定 米政府 海上配備で交換承認(しんぶん赤旗2007年3月4日)

 【ワシントン=山崎伸治】米エネルギー省国家核安全保障局(NNSA)は2日、「老朽化」した核弾頭を改良するという「信頼できる交代用核弾頭」(RRW)計画で、ローレンス・リバモア国立核兵器研究所が設計した新弾頭を採用すると発表しました。さらに海軍と共同で、新弾頭を海上配備の核弾頭と交換することを承認したことも明らかにしました。

 RRW計画は、1960年代に製造され「老朽化」した核弾頭を「信頼性の高い」ものと交換するというもの。現存する核弾頭を「改良」するため新たな核実験は不要だとの触れ込みですが、起爆装置として使うプルトニウムを更新するため、事実上の新型兵器開発となります。

 新弾頭の設計はカリフォルニア州のローレンス・リバモアとニューメキシコ州のロスアラモスの両国立研究所が競争していました。

 NNSAは「ロスアラモスの設計にも非常に進んだ部分があり、それは同時に開発を進める」と表明しています。

 決定を受けて、NNSAと海軍は弾頭を交換する計画に着手し、議会に予算の承認を求めるとしています。潜水艦発射型の戦略核弾道ミサイル・トライデントが対象として挙がっています。

 エネルギー省は2008会計年度の予算教書で、RRW計画に前年度比220・4%増の8880万ドルを計上。議会には計画を批判する声もあります。


ニュース見出し