新START発効 「核なき世界」へ米ロ外相が批准書(朝日新聞2011年2月6日)

  
 【ミュンヘン=松井健】クリントン米国務長官とラブロフ・ロシア外相は5日、ドイツのミュンヘンで米ロ間の新しい戦略兵器削減条約(新START)の批准書を交換、同条約は発効した。両国はそれぞれ戦略核弾頭数を1550発に、戦略爆撃機などの運搬手段を800にまで減らす。

 これにより、両国の戦略核配備数は冷戦期のピーク時以降で最も低い水準に減り、オバマ米大統領が掲げる「核なき世界」に一歩近づくことになる。

 批准書の交換の際、クリントン氏とラブロフ氏はにこやかに握手を交わした。クリントン氏は「世界が直面している核の危険をやわらげる条約だ」と述べ、米ロ両国が45日以内に相互に核兵器に関するデータを通知するなど条約を履行していく姿勢を強調した。ラブロフ外相も「条約は国際情勢の安定を強める」と話した。

 今回の批准書交換は、潘基文(パン・ギムン)国連事務総長やキャメロン英首相ら各国要人が集まり、外交安全保障問題について意見交換するミュンヘン安全保障会議にあわせて行われ、世界に向けて米ロの軍縮努力をアピールした形だ。2年前の同会議でバイデン米副大統領が米ロ関係の「リセットボタンを押す時だ」と述べていたこともあり、クリントン長官は「(核兵器による)破壊を引き起こすボタンが押されないないことを確実にするための一歩だ」と述べた。


ニュース見出し