ノーベル平和賞にオバマ米大統領 「核なき世界」主導(朝日新聞2009年10月10日)
 
 【ロンドン=土佐茂生】ノルウェーのノーベル賞委員会は9日、09年のノーベル平和賞を、バラク・オバマ米大統領(48)に授与すると発表した。就任して1年にも満たない首脳への授賞は異例だが、同委員会は「人びとによりよき未来への希望を与えた」と称賛。国際平和や地球環境などの問題に対話と協調を行動原則として取り組む意志を明確に表明したオバマ氏に、大きな期待を寄せた。

 オバマ氏は同日、ホワイトハウスで「驚き、深く謙虚に受け止めている」と授賞を知った時の心境を語った。

 委員会は授賞理由を「国際的な外交と諸国民の協力を強めることに対して並はずれた努力をした。特に『核なき世界』を目指すとする理念と取り組みを重視する」とした。

 そのうえで、多国間外交、「核なき世界」、気候変動問題でオバマ氏は国際政治の新しい状況を生み出したと評価。多国間外交では「国連やほかの国際機関の役割の重要性を主張し、多国間の協調を再び世界の外交の中心に取り戻させた」ことや、問題解決の手段として対話と交渉に重きを置く姿勢をたたえた。

 「核なき世界」の理念と行動については「軍縮交渉の流れに力強い刺激を与えた」とし、気候変動問題では「オバマ氏の指導力によって、世界が直面する気候変動問題で、米国がより建設的な役割を果たすようになった」と評価した。

 委員会は最後に「ノーベル賞委員会は『今こそ私たち全員が、グローバルな課題に対してグローバルな対応をとる責任を共有する時だ』とのオバマ氏のアピールを支持する」と締めくくった。

 8年間続いたブッシュ政権の後、民主党のオバマ氏は今年1月にアフリカ系としては初の米大統領になった。ブッシュ政権の単独行動主義を改め、多国間協調を重視する姿勢を打ち出した。

 就任間もない4月、チェコ・プラハでの演説で「核兵器を使用した唯一の国」としての米国の道義的責任に触れ、「核なき世界」を目指す考えを表明した。

 その後、ロシアとの核軍縮交渉に着手する一方、9月には「核不拡散と核軍縮」をテーマにした国連安全保障理事会の首脳会合を主宰し、「核兵器のない世界」を目指す歴史的な決議を全会一致で採択に導いた。

 気候変動問題では、京都議定書から離脱して国際的な信用を失ったブッシュ政権とは反対に、温暖化対策に乗り出して国際交渉にも復帰し、国際社会から歓迎された。

 今年の平和賞は全世界から推薦された計205の個人・団体の中から選ばれた。授賞式は12月10日にオスロである。賞金は1千万スウェーデンクローナ(約1億3千万円)。

オバマ大統領 ノーベル平和賞授賞理由の全文(朝日新聞2009年10月10日)

 ノルウェー・ノーベル賞委員会は、09年の平和賞をバラク・オバマ米大統領に授与することを決定した。彼は国際的な外交と諸国の人々の協力を強化することに並はずれた努力をした。委員会はとりわけ、オバマ氏の核なき世界についての理念や取り組みを重視する。

 オバマ氏は、大統領として国際政治の中で新たな機運を作り出した。国連やその他の国際機関が果たすことのできる役割を主張したことで、多国間外交は、中心的な位置を取り戻した。最も困難な国際紛争を解決する手段として、対話と交渉が優先されるようになった。核なき世界の理念は、軍縮や軍備管理交渉に力強い刺激を与えた。オバマ氏の主導のおかげで、世界が直面する気候変動の挑戦に立ち向かう上で、米国はこれまでより建設的な役割を果たしている。民主主義と人権も強化されるだろう。

 オバマ氏ほど、よりよい未来への希望を人々に与え、世界の注目を引きつけた個人はまれだ。オバマ氏の外交は、世界を指導すべき者たちは、世界中の人々の大半が共有する価値や態度を基盤にして導かなければならないという考えに基づいている。

 108年にわたって、委員会はそのような国際的な政策や態度を促進することを目指してきたが、まさに今、オバマ氏がその政策の、世界を率いるスポークスマンになっている。委員会は、オバマ氏が「今こそ、私たち全員が、グローバルな課題に対してグローバルな対応をとる責任を分かち合うべき時だ」と強調していることを支持する。

「世界中の人々の勇気に贈られた」(オバマ氏声明全文)(朝日新聞2009年10月10日)

 今朝こんな風に起きるとは、私は思っていなかった。(受賞の)知らせを聞いた後、(娘の)マリアが「お父さん、ノーベル平和賞を受賞したよ。それから今日は(愛犬の)ボーの誕生日だ」と部屋に入ってきた。(娘の)サーシャは「これから3日間の週末の休みもあるよ」とも付け加えた。子どもたちがそれぞれの見方で事実を受け止めているのはいいことだ。

 私は、ノーベル委員会の決定に驚くと同時に、大変謙虚な気持ちだ。はっきりさせておきたいが、これは私自身の達成ではなく、世界中の人たちの希望の立場に立った米国の指導力の確認にほかならないと考える。

 正直なところ、私は、これまでこの賞という名誉を与えられた変革者たちの列に加わる価値がないと思う。(彼らは)私を奮起させたし、彼らの勇気ある平和の追求は世界全体を鼓舞したのだ。だが、私はこの賞が、すべての人たちや米国民が作り上げたい世界を反映しているとも知っている。それは、私たち(米国)の建国者が(独立宣言などの)文書で約束したことを実現する世界だ。

 そして、歴史を通じて、ノーベル平和賞は特定の成果をたたえるためだけではなく、一連の目的への機運を高める手段として与えることもあるとも知っている。だから、私は、この賞を行動への呼びかけとして受け入れる。すべての国に対し、21世紀の共通の課題に立ち向かうために呼びかけられたのだ。

 これらの21世紀の課題は、一人のリーダーや一つの国が成し遂げられることではない。だからこそ、私の政権は、すべての国が責任の一端を担うという新たな関与の時代を打ち立てようとしている。私たちは、核兵器がこれ以上広がる世界、核の恐怖がより多くの人たちを危険に陥れる世界には耐えられない。だからこそ、核兵器のない世界へ具体的措置を取るとしたのだ。なぜなら、すべての国が原子力の平和利用国になる権利がある一方で、その平和利用の意志を示す責任もあるからだ。

 より増している気候変動による脅威も受け入れられない。それは、子どもたちに引きつぐ世界を永遠に傷つける。紛争や飢饉(ききん)の種をまき、海岸線を浸食し、都市を破壊する。だからこそ、すべての国が、私たちのエネルギーの使い方を変革する責任の一端を負うのだ。

 人々に互いを見た目だけで規定させてしまうわけにはいかない。だからこそ、私たちは、違う顔、人種、宗教を持つ人々の間で、新たな始まりを見つけなければならない。それは、お互いの利益と尊重に基づくものだ。

 長年、多くの痛みと苦労をもたらす紛争を解決するためにも、私たちはあらゆる責任を果たさなければならない。その努力は、最終的には、イスラエルとパレスチナのすべての人たちが、自分たち自身の国で平和に安全に暮らせる権利を実現するという揺るぎない取り組みを含むべきだ。

 教育を受け、まともな生活を送る能力を得ることや、将来に希望が持てずに暴力や病気の恐れの元で暮らすようなことがないよう保障されることという、誰でもが熱望するような機会や尊厳がより多くの人々から奪われている世界も許すことはできない。

 私たちは紛争が平和に解決され、繁栄が広く共有されるという世界を懸命に求めているが、同時に私たちは現在のあるがままの世界と向き合わなければならない。私は一つの戦争を終わらせる責任のある国の最高司令官で、米国民と同盟国を直接危険にさらしている非情な敵対者に向き合うというもう一つ別の戦場でも努力している。何百万もの米国人が仕事を探すことになってしまったグローバルな経済危機の影響への対応に私たちが取り組んでいることも私は認識している。これらは、米国民を代表して私が毎日向き合っている懸念だ。

 直面している仕事のいくつかは、私の大統領の任期中は解決しきれないだろう。核兵器の廃絶などのいくつかは、私が生きている間にも実現しないかもしれない。しかし、私はこれらの課題は解決可能だと知っている。それがたった一人、たった一つの国だけでは解決できないと認識している限りは。

 この賞は、私の政権の努力についてだけのものではない。これは、世界中の人々の勇気ある努力のことだ。だからこそ、この賞は、正義と尊厳へ懸命に努力する人たちすべてで共有すべきものだ。自分の権利が聞こえるよう、暴力や銃弾にめげずに静かに街頭を行進するあの若い女性。民主主義への献身を放棄しないために彼女の自宅に軟禁されているあの指導者。世界の反対側にいる人たちのために任務につぐ任務で自分を犠牲にしている兵士。そして、平和のために自分たちの安全と自由を、さらには自らの命さえも犠牲にしている世界中のすべての人たちのために。

ノーベル平和賞:オバマ氏受賞 広島、長崎から歓迎の声毎日新聞2009年10月10日)

オバマ米大統領のノーベル平和賞受賞が決まり、会見する秋葉忠利・広島市長=広島市役所で2009年10月9日、森田剛史撮影 ノーベル賞を弾みに、核のない世界を目指すため、被爆地訪問の実現を−−。唯一の核兵器使用国の大統領としての「道義的責任」に言及し核廃絶を訴えた今年4月の「プラハ演説」から約半年。「核なき世界へのビジョン」が評価されてのオバマ米大統領へのノーベル平和賞授与の報が伝わった9日、広島・長崎の被爆者らから歓迎の声が上がった。11月に来日することが決まっているオバマ大統領。被爆地を訪れることを期待する声もさらに高まっている。

 ◇「激励メッセージだ」有識者ら驚き◇
 平和や核軍縮問題に詳しい有識者は驚きながらも「核廃絶をしっかりやれという激励のメッセージだ」との見解で一致した。

 大阪女学院大大学院の黒澤満教授(軍縮国際法)は「受賞はちょっと早い気もするが、核兵器廃絶に向けて非常にプラスだ」と歓迎。「国内の経済問題などで足を引っ張られているオバマ大統領の取り組みに弾みがつく」と評価した。

 立命館大の安斎育郎教授(平和学)も「平和賞は功績よりも政治的メッセージを込めて激励の意味で贈る場合が多い。来年のNPT(核拡散防止条約)再検討会議などで具体的な成果を出し、核廃絶を進めてほしいとの期待の表れ」と分析した。

 元IAEA(国際原子力機関)広報部長で、大阪経済法科大アジア太平洋研究センターの吉田康彦客員教授も「今後はロシアや中国を巻き込んだ核軍縮の推進や北朝鮮・イランの非核化のため、国交正常化などに取り組まざるを得なくなるだろう。プラハ演説では『米国が先に核を捨てることはない』との現実も語っており、授賞式の演説で何を言うかも注目だ」と述べた。

 ◇「大変うれしい」広島市長◇   
 オバマ米大統領のノーベル平和賞受賞決定を受け、秋葉忠利広島市長は9日、記者会見し、「大変うれしい。核兵器のない世界の実現に向けた激励だと思う。よかったですね、予想がぴったりですね」と笑顔で話した。

 秋葉市長は、今年5月にニューヨークであった核拡散防止条約(NPT)再検討会議準備委員会での演説で、核兵器廃絶を望む世界の大多数を「オバマジョリティー」と呼んだ。9日は、「ノーベル賞には世界の市民や国々の声を代弁する側面があり、今回の受賞には、オバマジョリティーの思いと決意が込められていると思う」と強調した。

 また、「オバマ米大統領は9月の国連安全保障理事会で、核兵器廃絶に向けてリーダーシップを発揮した」とした上で、「(来年5月開催予定の)NPT再検討会議でもリーダーシップを発揮してくれるという期待が高まる」と話した。

 さらに、世界の相互信頼に向けた機運がノーベル賞受賞で生まれたとし、「オバマ大統領が広島と長崎を訪れる環境が整ってきている」と期待した。【矢追健介】

 ◇「まさか、今年とは」被団協代表委員の坪井直さん◇   
 広島県原爆被害者団体協議会理事長で日本被団協代表委員の坪井直(すなお)さん(84)=広島市=は9日、島根県での日本被団協中国ブロック大会から広島市内の事務所に戻ったところで記者に囲まれ、オバマ氏受賞決定を聞いた。

 坪井さんは20歳で被爆して大やけどを負い、生死の境をさまよった後、広島で核廃絶運動に中心的に取り組んできた。受賞について、「人類の立場で核問題を考えてくれる人だから、いずれ受賞すると思っていたが、まさか今年とは。核軍縮・不拡散の流れを進め、核兵器廃絶へと後押しする意味もあって選ばれたのでしょう。ほとんどの被爆者が喜んでいると思う」と歓迎した。

 坪井さんら広島被爆者7団体は今年1月、核なき世界をつくる公約や新しい核兵器の製造を認めないなど、オバマ氏の政策に勇気づけられたことを伝え、広島訪問を願う手紙を出した。返事はまだだが、「ロシアとの核軍縮交渉や国連安保理などでオバマ大統領の行動を見ていると、私たちの思いは十分通じていると思う。受賞のお祝いを込めて、また手紙を書きたい。生きとる間に会いたい」と話した。【松本博子】

 ◇「被爆地にとってく歓迎すべきこと」元長崎大学長の土山秀夫さん◇
 元長崎大学長で、長崎原爆のため入市被爆した土山秀夫さん(84)=長崎市=は「ノーベル平和賞は被爆地にとって大きく歓迎すべきことだ。オバマ米大統領の長崎訪問は見送りになったと聞いているが、米国内の評価も格段に高まるはずだ。今度、日本に来る時はノーベル平和賞の大統領として、長崎に来てほしいですね」と喜んだ。

 さらに核廃絶に向けたオバマ大統領の行動力を称賛し、「核廃絶に向けた努力は、これまでの米大統領の中で際立っている。受賞は妥当だと思える」と評価した。【柳瀬成一郎】

 ◇「実行を伴って」反核・平和団体◇
 国内の反核・平和団体からも受賞決定を歓迎する声が上がった。原水爆禁止日本協議会(原水協)の高草木博事務局長は「『核をなくせ』と迫ってきた世界の運動や世論への励ましとして喜びたい。ただ、オバマ大統領はまだ『核なき世界』を言葉で宣言しただけ。今後、実行と行動が伴って初めて本物になる」と語った。

 原水爆禁止日本国民会議(原水禁)の藤本泰成事務局長は「受賞をきっかけにオバマ大統領が今後、真の意味での核廃絶に取り組まれることを期待したい。広島、長崎に来て、ぜひ、被爆の実相に触れていただきたい」と話した。

 また、平和問題を調査研究するNPO法人「ピースデポ」(横浜市)の特別顧問、梅林宏道さん(72)は「米国には、核兵器を支持する根強い勢力がある。大統領は個別の成果はまだないと言っていいが、彼が提唱する『核兵器のない世界』を応援したいという意図が、賞を与えた側にあるのだろう」と指摘した。【井上俊樹、武本光政】

 ◇「心の底からうれしい」長崎原爆遺族会◇
 「核兵器を使用した核大国の米国から『核兵器のない世界に』という声が上がり、それが評価されたのだから、心の底からうれしい」。長崎原爆遺族会前会長の下平作江さん(74)=長崎市=は声を弾ませた。「長年、世界中で続けてきた被爆者の活動がなければ、オバマ米大統領のこの言葉も出なかったはず。私たちの声が彼の心に響いた」。被爆地に来て被爆者の声を聞いてほしいと願う。「被爆者が生きている間に核兵器廃絶を実現してほしい。原爆で亡くなった人たちに『あなたたちの死は無駄ではなかった』と報告できる」【阿部弘賢】

 ◇「未知数」児童文学作家◇ 
 3歳の時に広島市で被爆した児童文学作家の那須正幹さん(67)=山口県防府市=は「私は現役の政治家にノーベル平和賞を授与すべきではないと思う。沖縄密約問題が浮上した佐藤栄作元首相の例もある。オバマ大統領も、アフガニスタンでどうするのかなど、未知数だ。今回の受賞にはあまり感心しない」と話した。ただ「プラハ演説が世界の動向を変えたのは事実で、その点は評価している」として「核兵器廃絶への道筋を示したヒロシマ・ナガサキ議定書の実現に向けて努力し、成果を出してもらいたい」と期待を寄せた。【上村里花】

 ◇「期待を込めた受賞」張本勲さん◇  
 プロ野球評論家の張本勲さん(69)=東京都大田区=は5歳の時に広島で被爆、6歳上の長姉を失った。プラハ演説には共鳴しており「核廃絶を米大統領が表明したことは大きい。必ず実行してくれるとの期待を込めた受賞だと思う」と喜びの声を寄せた。原爆投下を巡り、歴代の米大統領が「戦争終結のためやむを得なかった」と述べるたび、怒りを覚えたという。「これまでの大統領が示さなかった核軍縮への道筋をオバマ大統領は示し、ノーベル賞も後押しした。世界の国々もその道を歩んでくれると信じている」と力を込めた。【平川哲也】

 ◇「ぜひ広島・長崎に来て」漫画家の中沢啓治さん◇ 
 広島での被爆体験を描いた漫画「はだしのゲン」で知られる中沢啓治さん(70)=埼玉県所沢市=は「米国が原爆を投下した当事国だってことを、ちゃんと認識して、核廃絶に向けて行動している初めての大統領だよ。立派だよ。応援してあげたい」と喜んだ。ボランティアグループが英訳した「はだしのゲン」全10巻が近く大統領一家に届けられる。「ぜひ広島・長崎に来て、原爆資料館を見て、原子雲の下でどれだけ多くの人間が、もがき苦しんだか知ってほしい。そして被爆地から、世界に発信する演説を聴きたい」と被爆地訪問を待ち望んでいる。【松本博子】




ニュース見出し