イランの平和的な核開発を支持 非同盟諸国首脳会議(朝日新聞2012年9月2日)

 イランの首都テヘランで開かれていた非同盟諸国首脳会議は31日夜、イランの平和的な核開発の支持を明記した最終文書を採択して閉幕した。国営テレビによると、文書にはイスラエルで収監中のパレスチナ人全員の釈放要求なども盛り込まれている。

 焦点だったシリア情勢について国営テレビは何も伝えていない。議長役のアフマディネジャド大統領も言及しておらず、具体的な合意には達しなかったとみられる。

 会議に参加したエジプトのムルシ大統領は30日の演説で、シリアのアサド政権を「抑圧的」と批判。シリア反体制派への支持を明確にした。一方でイランはシリアの同盟国としてアサド政権の存続を望んでいる。イランとエジプトの対立が議論に影響を与えた可能性がある。(テヘラン=北川学)


非同盟諸国会議:核平和利用の権利支持 共同宣言採択 (毎日新聞 2012年9月1日) 


 【テヘラン鵜塚健】イランの首都テヘランで開かれていた非同盟諸国会議(120カ国・機構加盟)首脳会議は31日、核の平和利用の権利などを支持する共同宣言を採択し、閉幕した。

 共同宣言には▽核軍縮の必要性▽パレスチナ国家樹立への支持▽イスラム教徒に対する嫌悪、差別への批判も盛り込まれた。

 シリア情勢を巡っては議長国イランがアサド政権を擁護する一方、エジプトのモルシ大統領が30日の演説でシリア政府を批判するなど、加盟国間の意見対立も表面化した。

 3年後に開催される首脳会議の議長国はベネズエラが務める。

非同盟諸国会議:テヘランで開幕 米欧批判などが議題に (毎日新聞 2012年8月30日)



 【テヘラン鵜塚健】非同盟諸国会議(120カ国・機構加盟)首脳会議が30日、テヘランで始まった。各国首脳のほか、潘基文(バン・キムン)国連事務総長が出席。会議は、議長国イランの強い意向を反映し、イランやシリアへの経済制裁を強める米欧諸国への批判や、イランの核開発の権利に重点を置いた議論が中心になる見通し。核問題などで国際社会で孤立するイランは、会議で孤立脱却を図る狙いがある。

 イランの最高指導者ハメネイ師は会議冒頭の演説で「イランは核兵器開発を考えたことはないが、核の平和利用の権利は捨てない」と改めて主張。核兵器を保有し、地域を不安定化させているとして米・イスラエルを強く批判した。

 内戦状態が続くシリアを巡り、米欧やアラブ諸国が反体制派への支援に力を入れる一方、シリアの同盟国イランは、アサド政権擁護を続ける。イランは会議の場で自国の立場に理解を求める意向で、イラン外務省によると、31日にまとめる共同宣言の中で、米欧の対シリア制裁の不当性を訴える。


ニュース見出し