インド:弾道ミサイル成功 国内に軍事大国への期待(毎日新聞 2012年04月20日)


 【ニューデリー杉尾直哉】インドは19日、核弾頭が搭載可能で中国全土を射程に収める弾道ミサイル「アグニ5」(射程5000キロ)の発射実験に成功した。シン首相は「我が国の安全保障を追求する上で新たな一里塚となった」と歓迎し、メディアも「中国に対抗する抑止力をようやく手に入れた」「歴史的出来事」などと報道した。高成長を続けてきたインドが軍事大国としても台頭することへの国内の期待が背景にある。

 報道によると、アグニ5は固形燃料の移動式3段式ミサイルで、1.5トンの核弾頭を搭載できる。東部オディシャ(オリッサ)州沖のウィーラー島から発射され、インド洋上の標的に命中したという。インドでこれまで最大射程のミサイルは「アグニ3」(3500キロ)だったが、今回初めて北京や上海を含む中国全土が射程に入ることになった。


北朝鮮:ミサイル失敗 国威発揚「祝砲」不発 1段目でトラブルか (毎日新聞 2012年04月16日大阪朝刊)


 金正恩(キムジョンウン)新体制の北朝鮮が13日、「衛星打ち上げ」名目で実施した3段式の長距離弾道ミサイルの発射は失敗に終わった。詳しい原因は不明だが、専門家からは、燃料系統のトラブルや切り離し時の事故などが指摘されている。新体制始動にあたり、国際社会の中止要請に背を向けて発射を強行したものの、国威発揚を狙った「祝砲」の不発を招いた形だ。一方で、発射に際して外国の使節団・メディアを招き、自ら「失敗」を認めるなど、北朝鮮の対応にも変化の兆しが見え始めている。

 北朝鮮はミサイルの改良を重ねてきた。今回のミサイルは3段式で、米軍によると、射程約6000キロの「テポドン2号」。発射を成功させるには、ミサイルの飛行姿勢を制御し、1段目、2段目、3段目を順次、正確に切り離し、「衛星」を軌道に乗せる技術が必要だ。

 軍事評論家の前田哲男氏は「1段目と2段目を切り離す段階、または1段目の噴射中に何かが起こったと考えられる」と指摘、「トラブルなら1段目の異常燃焼か、切り離しの失敗だろう」と推測する。



ニュース見出し