北朝鮮が核実験「小型化に成功」 安保理、非難の声明(朝日新聞2013年2月13日)

 北朝鮮の朝鮮中央通信は12日、「3回目の地下核実験を成功裏に実施した」としたうえで、「小型化、軽量化した原子爆弾を使った」と伝えた。日米韓などは一斉に非難し、日本政府は独自の追加制裁を決定。国連安全保障理事会は緊急会合を開き、報道機関向けの声明で、「過去3回の制裁決議に対する重大な違反」と強く非難した。だが、北朝鮮は「2次、3次の対応」を警告しており、朝鮮半島をめぐる緊張がさらに高まる恐れがある。


 今回の実験を通じて核爆弾の小型化への道筋がつけば、北朝鮮は日本や韓国を射程に収めるミサイルを多数保有しており、周辺国にとっての脅威は一気に高まる。

 また、北朝鮮は昨年12月に「人工衛星の打ち上げ」と称し、米本土をうかがう長距離弾道ミサイルの発射実験にも成功した。北朝鮮は「小型化」の成功を主張することで、「核保有国」として米国を体制保障をめぐる交渉に引き出す狙いがあるとみられる。

 朝鮮中央通信は午後2時40分ごろ、核実験の「成功」を伝えた。韓国気象庁が観測した人工地震はマグニチュード(M)4・9程度。2006年の核実験の際はM3・9、09年はM4・5で、過去より爆発の規模は大きいとみられる。

 同通信は今回の核実験について「これまでより爆発力が大きく、小型化、軽量化した原子爆弾を使った」とし、実験の目的については「我が国の平和的な衛星打ち上げを、乱暴にも侵害した米国の敵対行為に対する対応措置の一環」とした。韓国政府によると、米中などには事前に通告があったという。

 これに対し、韓国の国家情報院は12日、国会の委員会で核爆弾の小型化、軽量化について「北の発表は誇張であり、まだ小型化に努力している途中」との認識を示した。

 北朝鮮外務省の報道官は12日の談話で「米国があくまで敵対的に出るなら、より強い2次、3次の対応で連続措置を取らざるを得なくなる」とし、さらなる武力挑発を示唆。国情院は北朝鮮が今後、追加の核実験や長距離弾道ミサイルの発射、核弾頭の「実戦配備宣言」などに踏み切る可能性があるとの見方を示した。

 韓国国防省は、北朝鮮は今回、北東部の咸鏡北道(ハムギョンブクト)・豊渓里(プンゲリ)にある三つの坑道のうち、西側の坑道を使ったと推定。南側の坑道でも以前から核実験の準備とみられる動きがあり、さらなる核実験をする場合にはこの坑道を使う可能性があるとみている。

 オバマ米大統領は「非常に挑発的な行動だ」と非難する声明を発表し、国際社会とともに制裁強化を目指す方針を示した。中国外務省も「(核実験に)断固たる反対を表明する」との声明を出した。韓国の李明博(イミョンバク)大統領は緊急の国家安全保障会議を開き、核実験を「国連安保理決議への明確な違反」と批判。朴槿恵(パククネ)次期大統領も李大統領と会談し、断固たる対応を取っていくことで一致した。

 国連安保理の緊急会合は12日午前9時(日本時間12日午後11時)から開かれ、北朝鮮を強く非難した。

 北朝鮮の長距離弾道ミサイル発射実験に対し、今年1月に採択された安保理決議では、北朝鮮にすべての核兵器と核開発計画を「完全かつ検証可能な方法」で断念するよう要求。新たな発射や核実験をすれば、安保理として「重大な行動を取る」と異例の強い表現で警告していた。

 今後、安保理は追加制裁などの措置をとるための決議採択を目指した交渉に入る。

 (ソウル=貝瀬秋彦、ニューヨーク=春日芳晃)

北朝鮮、3度目核実験 「米と対等」誇示(毎日新聞 2013年02月13日)


 北朝鮮は12日、3回目の核実験に成功したと発表し、声明で「以前と異なり爆発力が大きい」ことと、「小型化・軽量化」を達成したことを強調した。二つの主張は何を意味するのか。北朝鮮の核開発能力と、対米国や北東アジアの安全保障の両面から、背景を読み解いた。【金子淳、長野宏美、西田進一郎、ソウル西脇真一、北京・成沢健一】

 ◇「本土射程入り」狙う

 多くの専門家は「北朝鮮が今回一番アピールしたかったのは、小型化・軽量化した核爆弾を使ったということだ」と指摘する。

 軍事専門家によると、ミサイルに搭載できる核兵器の「小型化」は、国際レベルでは1トン未満とされる。米国務省で核問題を担当していた英国際戦略研究所(IISS)のフィッツパトリック氏は、北朝鮮が保有する核兵器の重量を「爆弾そのものが450キロ、付属部品を含めれば700キロ」と分析する。

 北朝鮮が米国を射程に入れる核ミサイルを実用化するには(1)米国まで届くミサイル(2)小型化した核弾頭(3)核弾頭部分を大気圏内に再突入させる技術−−を開発する必要がある。北朝鮮は昨年12月、人工衛星発射名目で長距離弾道ミサイルの発射に成功。推定射程は米本土に到達可能な1万キロ以上とみられており、今回、もし小型化に成功したとすれば、第2段階まで完了したことになる。

 道下(みちした)徳成(なるしげ)・政策研究大学院大学准教授は、核弾頭を大気圏内に再突入させる技術や、先制攻撃から防御するためにミサイル発射システムを地下式にするなど、残された課題克服が必要なものの、「北朝鮮は(小型化、軽量化した)模型を公開するような揺さぶりをかけてくるかもしれない」と予想する。

 韓国国防省は、今回の爆発規模を、6〜7キロトンと推定した。06年の1回目が1キロトン未満、09年の2回目が数キロトンとされているのに比べれば、「小型・軽量化」にもかかわらず、破壊力は向上した。

 北朝鮮が過去2回の経験をもとに、核爆弾の爆発技術を向上させた点は否めない。さらに、従来とは異なる新たなタイプの核兵器を使用したとの見方も浮上している。

 韓国では、今回の核実験を前に、威力の強い「ブースト型核分裂爆弾」(強化原爆)の実験を行う可能性もあるとの見方が出ていた。この爆弾は、核分裂を急激に進める水素爆弾の一歩手前ともいえるもの。爆発力は、通常の原爆の数倍もあり、今回、北朝鮮が「以前と異なり、爆発力が大きい」という声明を発表したことと合致する点がある。

爆発規模は7.3キロトン 北朝鮮核実験、米学者ら推定(朝日新聞2013年2月14日)

 【ワシントン=行方史郎】北朝鮮の核実験について米コロンビア大の地震学者らが13日、中国で観測された地震波の解析から、爆発規模はTNT(高性能火薬)で7・3キロトンだったとする推定結果を発表した。

 地震の規模や実験場付近の想定される地質条件から計算した。広島に投下された原爆の推定約15キロトンには及ばないものの、2009年の核実験の爆発は推定2・2キロトンだったことから、「着実に技術力を高めている」と分析している。

 一方、米エール大学のジェフリー・パーク教授(地質学)の試算によれば、爆発規模は約7キロトンと推定されるという。過去にカザフスタンで実施された核実験のデータに米地質調査所などによる北朝鮮の地質条件を考慮して計算した。


米、北朝鮮は「真の脅威」 ミサイル防衛強化を強調(朝日新聞2013年2月14日)

 【ワシントン=大島隆】米国のパネッタ国防長官は13日の記者会見で、3度目の核実験を行った北朝鮮を「真の脅威」と位置付け、核兵器と弾道ミサイルに対処するため、日韓と協力して米国のミサイル防衛システムを増強すべきだとの考えを明らかにした。

 パネッタ氏は、北朝鮮について「核兵器だけでなく大陸間弾道ミサイル(ICBM)も保有しようとしており、米国にとって真の脅威だ」と指摘。「我々は日韓と共に、必要な防衛システムを整備する必要がある」と述べたうえで、「ミサイル防衛を増強するため、必要なあらゆることをしなければならない」と強調した。

 米国のミサイル防衛システムの一部は日本国内にも配備されており、日米両国は昨年、北朝鮮への対処を理由に、米軍の移動式早期警戒レーダー「Xバンドレーダー」を日本国内に追加配備することで合意している。

 また、ケリー国務長官もこの日、「国際社会は安保理決議に従って、迅速で強力な対応を取る必要がある。この問題にどう対処するかが不拡散の努力全体に影響する」と記者団に述べ、国連安保理の追加制裁が必要との認識を改めて示した。


北朝鮮、小型の強化原爆実験か 米本土狙う能力に現実味(朝日新聞2013年01月25日)

  【牧野愛博】北朝鮮の国防委員会は24日、国連安全保障理事会の制裁決議に反発し、米国を狙うことを想定した「高い水準の核実験」を実施すると明言した。北朝鮮はこの実験で、核融合の技術を用いて小型化した「ブースト型分裂爆弾(強化原爆)」を使用する可能性が高いことがわかった。大きさが通常の原爆の4分の1程度になり、米本土に届く長距離弾道ミサイルへの核爆弾搭載が現実味を帯びてきた。

 複数の日本政府関係者が明らかにした。強化原爆は、わずかな核分裂反応で、中心部に封入した三重水素と重水素が核融合反応を誘発。核融合反応で発生する強力な中性子線が、効率的な核分裂反応を可能にする仕組みになっている。ウラン型でもプルトニウム型でも開発が可能だ。

 北朝鮮は2006年の初めての核実験では、TNT火薬換算で1キロトン未満の爆発に終わり、十分な核分裂反応を起こせなかった。だが、09年の2回目の核実験では、数キロトン規模の爆発に成功。さらに、北朝鮮は10年5月、核融合反応に成功したと発表していた。

 日本政府は米国などと、北朝鮮が輸入する核関連物資の動向や、核関連施設の建設・開発状況を監視した結果、北朝鮮がすでに強化原爆を実験する条件が整ったと分析。最低1度の実験で、実用化が十分可能になるとみている。

 日本エネルギー経済研究所の黒木昭弘常務理事によると、強化原爆は、通常原爆よりも緩衝材や高性能爆薬の量を大幅に減らすことができる。専門家の間では、北朝鮮は少なくとも長崎型原爆(重量約5トン)程度の原爆を保有しているとされ、実験に成功すると、この大きさを3分の1から4分の1にあたる1トン強にまで小型化することが可能になるとみられる。

 北朝鮮は昨年12月、長距離弾道ミサイルの発射に成功した。現在開発を進めるテポドン2改良型の場合、800キロ~1トンの重量であれば、核爆弾を搭載できるようになる。



ニュース見出し