北朝鮮がミサイル発射 11時32分政府発表「飛翔体」(朝日新聞2009年4月5日夕刊)

 北朝鮮が5日、同国東海岸にある舞水端里(ムスダンリ)の基地から、長距離弾道ミサイル「テポドン2」の改良型とみられる機体を発射した。日本政府が5日午前11時32分、「北朝鮮から飛翔(ひしょう)体が発射された模様だ」と発表した。

 防衛省によると、発射時刻は午前11時半ごろで、東方向に向けて1発を発射したという。

 北朝鮮は4〜8日の午前11時〜午後4時に試験通信衛星を運ぶロケットを打ち上げると、国際海事機関(IMO)などに事前通告していた。

北朝鮮がミサイル発射 米「衛星軌道侵入は失敗」(朝日新聞2009年4月6日)

 北朝鮮は5日午前11時半ごろ、長距離弾道ミサイル「テポドン2」の改良型と見られる機体を発射した。北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)と米北方軍司令部は、1段目のブースター(推進装置)は日本海に、残りは先端部も含め太平洋に落下したと発表した。日本政府は日本の領域に落下する恐れはないと判断し迎撃はしなかった。国連安全保障理事会は日本時間6日未明に緊急会合を開き対応を協議する。

 24時間体制で宇宙の衛星の状況やミサイルなどによる北米への攻撃を監視しているNORADは5日の発表で、北朝鮮が発射したのは「テポドン2」としたうえで「何も衛星軌道にのせられなかった」と指摘。北朝鮮が主張するロケットによる人工衛星の打ち上げは失敗だったと明らかにした。日本政府も米国政府から同様の情報を伝えられた。

 韓国の李相憙(イ・サンヒ)国防相も5日、国会で「どんな物体も軌道に進入しなかった。人工衛星の発射を試みたが軌道進入に失敗したとみている」と述べた。ロケットもミサイルも基本構造は変わらず、日米韓3カ国などは「弾道ミサイル」の発射として批判を強めている。

 防衛省の中央指揮所は午前11時31分ごろ、米国の早期警戒衛星による発射情報を確認。日本政府は同32分、「北朝鮮から飛翔(ひしょう)体が発射された」と発表した。政府の推定では、同37分ごろ、日本の領空のさらに上を太平洋上へ通過、ブースターの1段目は秋田県の西約280キロ、おおむね北朝鮮が事前通告した危険区域内の日本海に落下した。

 2段目について、政府は一時、北朝鮮が事前通告した危険区域の約900キロ手前に当たる、日本の東1270キロの太平洋上に落下するとの予測を発表したが、確認はできなかった。日本の東約2100キロの太平洋上まで追尾したが、レーダーの捕捉範囲の限界を超えたため、11時48分ごろ追尾をやめた。

 政府は万が一の打ち上げ失敗に備え、自衛隊法に基づく「弾道ミサイル破壊措置命令」を初めて発令、地対空誘導弾パトリオット3(PAC3)などを配備したが、日本への落下物はなかった。

麻生首相「安保理決議に違反」 政府、追加制裁を検討(朝日新聞2009年4月6日)

 麻生首相は5日、首相官邸で記者団に「極めて挑発的な行為で断じて看過できない。安保理決議違反ははっきりしている」と述べた。中曽根外相はクリントン米国務長官、柳明桓(ユ・ミョンファン)・韓国外交通商相、楊潔チー(チーは竹かんむりに褫のつくり)・中国外相、ラブロフ・ロシア外相らと相次いで電話で協議し、協力を求めた。

 日本政府は13日で期限が切れる対北朝鮮制裁を1年間延長する方針。発射を受け、ぜいたく品などを対象にした輸出禁止の全品目への拡大などの追加制裁も検討する。

安保理緊急会合始まる 北朝鮮ミサイル発射を受けて(朝日新聞2009年4月6日)

 【ニューヨーク=松下佳世】北朝鮮によるミサイル発射を受け、国連安全保障理事会の緊急会合が5日午後(日本時間6日未明)、始まった。日本と米国は、今回の発射は、北朝鮮に弾道ミサイルに関するすべての活動の停止を求めた過去の安保理決議に違反すると主張して新たな決議を求める見通しだが、中国とロシアは慎重な姿勢を見せている。

 緊急会合は日本の要請で招集された。非公開の場で、各国が今回の発射に対する受け止めや、安保理の取るべき対応について意見を述べる。日米は、英仏も交えて決議案の協議を重ねているが、この会合で提示するかどうかは不透明だ。

 決議案は今回の発射を非難して過去の決議を再確認するとともに、既存の制裁の厳格な履行を求める内容になるとみられる。決議案について、日本の高須幸雄国連大使は協議前、「安保理でこの状況にどう対応するか協議した後にお話しできると思う」と述べるにとどまった。

 ライス米国連大使は同日朝、米ABCテレビのインタビューに「現行の制裁体制を強化したい」と語った。追加制裁には中ロの反対が予想されることから、既存の制裁の範囲内で、実効性を高めるのが狙いとみられる。

朝鮮中央通信「衛星発射に成功」「将軍の歌、地球送信」(朝日新聞2009年4月6日)

 【ソウル=牧野愛博】北朝鮮は5日午後、「運搬ロケット『銀河2号』によって人工衛星『光明星2号』を軌道に進入させることに成功した」と発表した。朝鮮中央通信が伝えた。

 同通信によると、ロケットは3段式で5日午前11時20分に発射され、9分2秒後に衛星が軌道に正確に送り込まれたという。衛星は地球から最も近い地点で490キロ、最も遠い地点で1426キロの楕円(だえん)軌道を回っており、周期は104分12秒だとした。衛星は「金日成(キム・イルソン)将軍の歌」「金正日(キム・ジョンイル)将軍の歌」などを470メガヘルツで地球上に送り、衛星を使いUHF周波数帯域で中継通信も行われているという。

 同通信は「わが国の宇宙科学技術の飛躍的な発展を象徴する今回の衛星発射の成功は、我が人民を大きく鼓舞している」とした。

ロシア「衛星ロケットの発射」 関係国に自制呼びかけ(朝日新聞2009年4月6日)

 【モスクワ=副島英樹】ロシア外務省は5日、北朝鮮が発射したのは人工衛星ロケットだとし、朝鮮半島の緊張をエスカレートさせないためにも、関係国に自制するよう呼びかける声明を発表した。すべての関係国と密接に協議しながら、事態を見守り続けるつもりだとしている。

 インタファクス通信によると、ロシアの外務当局は当初、北朝鮮の発射行為が安保理決議に違反しているかどうかの判断は、ロシア軍専門家の分析後になるとの姿勢を示していた。



 




ニュース見出し