核兵器の削減傾向続く 米ロ主導、中国は増加(中国新聞2013年6月3日)

 【ロンドン共同】スウェーデンのストックホルム国際平和研究所(SIPRI)は3日、2013年版年鑑を発表した。13年1月現在、世界の核兵器の数は米国とロシアの削減などで推定約1万7265個となり、近年の減少傾向は継続する一方、核保有五大国の中では中国だけが核兵器を増やしていると分析した。

 米ロ中、英国、フランスの核保有五大国にインド、パキスタン、イスラエルを加えた8カ国の総計では前年より1700個余り減少。米ロの削減は11年発効の新戦略兵器削減条約(新START)が主な要因としている。

各国の核兵器保有数(ストックホルム国際平和研究所による)

 ロシア  約8500
 米国  約7700
 フランス   約300
 中国   約250
英国    約225
 パキスタン  100〜120
 インド   90〜110
 イスラエル    約80
 計  約17265

合計に含まれるパキスタン、インドの数値は中間値




ニュース見出し