オバマ氏、27日に広島訪問 現職の米大統領で初  (朝日新聞2016年5月11日)

ワシントン=佐藤武嗣、奥寺淳


 オバマ米大統領は10日、5月下旬の主要7カ国(G7)首脳会議(伊勢志摩サミット)出席のため訪日した際、広島を訪問する方針を決めた。日米両国政府が発表した。71年前の原爆投下以降、現職の米大統領が広島を訪れるのは初めて。平和記念公園の原爆死没者慰霊碑に献花し、2009年のプラハ演説で自らが提唱した「核なき世界」の理念を改めて広島から世界に発信する方針だ。

 オバマ氏は26日から開かれるサミット終了後の27日に、広島を訪れる。米ホワイトハウスは10日、「オバマ大統領が、安倍首相と一緒に歴史的な広島訪問をする」と明らかにした。安倍首相も10日夜、首相官邸で記者団に「オバマ大統領と共に広島を訪問することを決定した。訪問を心から歓迎する」と述べた。米国内への影響などの諸情勢を慎重に検討した結果、決定が訪日直前までずれ込んだ。

 ローズ大統領副補佐官は10日朝、オバマ氏の広島訪問の意義について、「大統領は広島で『核なき世界』の理念のもとで平和と安全を追求するという米国の考え方を再確認する」とウェブ上のブログで明らかにした。原爆投下の決断について再評価はしないとしつつ、「大統領の(広島)訪問は戦時中に亡くなったすべての無実の人々に敬意を表する機会となる」とも述べた。

 ログイン前の続きオバマ氏は09年に大統領として初訪日した際、記者会見で「広島、長崎を将来訪れることができれば非常に名誉なことだ」と明言。複数の米政府高官も今年に入り、取材に対し「大統領は訪問に強い関心を持っている」と語り、オバマ氏の意向に沿って訪問を検討してきた。

 オバマ氏は過去3度の訪日では、いずれも被爆地訪問を見送った。米国では、原爆投下によって戦争終結が早まり、多くの米国人の命が救われたと正当化する主張が根強く、被爆地訪問への慎重論もあるためだ。

 しかし、オバマ政権下で10年にルース駐日大使(当時)が米政府代表として初めて平和記念式典に出席し、後任のケネディ大使も毎年式典に参加。この4月には、G7外相会合で訪日したケリー国務長官が米閣僚として初めて広島を訪れ、広島平和記念資料館(原爆資料館)も訪問。「すべての人が広島を訪れるべきだ」と語り、オバマ氏訪問の下地をつくった。

 ケリー氏の訪問後、ニューヨーク・タイムズ紙やワシントン・ポスト紙が相次いでオバマ氏も広島を訪れるべきだと訴える社説を掲載。オバマ政権は、米国内の一部から広島訪問に批判が出ても対処可能で、訪問の環境は整ったと判断した。ただ、米国内の世論も踏まえ、オバマ氏は広島で、原爆投下についての謝罪には踏み込まない方針だ。

 今回の広島訪問には、オバマ氏の理念である「核なき世界」に沿って、核軍縮に向けたメッセージを世界に発信する狙いがある。

 09年のプラハ演説では「核兵器を使った唯一の国として行動する道義的責任がある」と明言した。しかし、世界には現在も1万5千発以上の核弾頭があり、ウクライナ危機で決定的となった米ロ対立で、核軍縮交渉は停滞。核兵器や核物質がテロ組織の手に渡る危険も高まっている。北朝鮮や中国、インド、パキスタンなどは逆に保有する核兵器数を増やしている。(ワシントン=佐藤武嗣、奥寺淳)


世論反発のリスク、オバマ大統領が自ら決断 広島訪問 (朝日新聞2016年5月11日)

アメリカ総局長・山脇岳志


 米政権内には、オバマ大統領の広島訪問への積極論と慎重論が交錯していた。

 慎重論は主に、米国内で、大統領の広島訪問がどう受け止められるかという懸念から生じていた。

 原爆投下で戦争の終結が早まり、むしろ多くの命が救われたと考える米国人は多い。昨年のピュー・リサーチ・センターの世論調査でも、原爆投下が「正当化される」とみる人が、まだ56%もいた。

 ログイン前の続き大統領が謝罪の言葉を述べなくても、訪問そのものが謝罪的だと受け止められれば、反発が予想される。大統領選で、共和党候補などに攻撃されるリスクもある。

 慎重論を押し切ってでも、オバマ氏が広島訪問を決断したのは、核軍縮に向けたメッセージを、再度、世界に発信したいという熱意からだろう。任期切れを控え、「遺産(レガシー)」を作りたいという思いも感じられる。

 日本政府は米政府に対して、オバマ氏の広島訪問を要請することはなかった。訪問が決定すれば「歓迎」ではあるが、日本から要請すると、米国内の議論はさらに複雑さを増す。広島訪問は、あくまで、オバマ大統領自身の決断である必要があった。(アメリカ総局長・山脇岳志)



ニュース見出し