戦略核さらに3分の1削減 配備1000発程度に オバマ米大統領演説および米国防総省核兵器運用新指針 (朝日新聞2013年6月20日)


 オバマ米大統領は19日、ベルリンのブランデンブルク門前で演説し、ロシアとの新戦略兵器削減条約(新START)で定められた戦略核弾頭の配備数をさらに3分の1減らし、将来的に1千発程度にする新たな指針を表明した。プーチン政権と近く交渉を始めたい考えだ。オバマ氏の新指針は、自らが提唱する「核なき世界」の実現に向けた姿勢を示したものだ。


 ■ロシアと交渉へ

 オバマ氏は「正義を伴う平和」をテーマにした演説で、「核兵器がある限り、私たちは真に安全とは言えない」と強調。そのうえで、「どんなに遠い夢だとしても、核なき世界を目指す」と語った。

 新指針は、米国が配備する戦略核の数をロシアとの新STARTで定めた上限の1550発より「最大で3分の1減らす」とし、「ロシアとの交渉に基づく削減を追求する」と明言した。実現すれば、米ロが配備する核弾頭数は1千〜1100発程度になる。

 オバマ氏は1期目就任直後の2009年、チェコ・プラハで演説し「核なき世界」を目指すと宣言。ロシアとの核軍縮条約の締結や、核テロ対策を目的とする「核保安サミット」の開催などに取り組み、ノーベル平和賞を受賞した。1963年にケネディ米大統領が歴史的な演説をしたベルリンで自らの理念を世界に表明することで、核軍縮の機運を再び高める狙いがある。

 11年に発効した新STARTで、米ロはともに戦略核の配備数の上限を1550発、核の運搬手段であるミサイルや爆撃機の数を800とすることに決めた。米ロは世界全体の核兵器の9割以上を保有している。米国務省によると、今年3月の時点で米国は配備核弾頭数を1654、ロシアは1480に減らした。

 また、核戦力の増強を図る中国との「戦略的安定性」を維持する方針も示した。中国の核保有数は250発程度とされるが、米国が配備核弾頭を1千発程度に減らした場合、ロシアと中国の配備核弾頭の合計数が米国を上回る可能性もあるためだ。

 オバマ氏は演説で、欧州に配備する射程の短い戦術核についても、北大西洋条約機構(NATO)加盟国と協力し大幅削減に取り組む考えも示した。オバマ氏主導で始めた核保安サミットを、次回14年のオランダ・ハーグに続いて、16年に米国で開催する方針も明らかにした。こうした取り組みで、「原子力の平和利用のための新たな国際枠組みを構築できる」と主張。北朝鮮やイランの核開発に圧力をかけ続ける姿勢を強調した。

 さらに、プラハ演説以来の懸案になっている包括的核実験禁止条約(CTBT)の早期発効を目指すことも確認した。ただ、同条約には米議会で否定的な意見が根強い。(ベルリン=望月洋嗣)

核攻撃「民間は標的にしない」 米国防総省が新指針 (朝日新聞2013年6月20日夕刊)

 【ベルリン=望月洋嗣】米国防総省は19日、核兵器で民間人や民間施設を意図的に標的にしないなどとする核兵器運用の指針を公表した。核兵器の使用は、敵からの核攻撃を抑止する場合にのみ限定することを目指すと明記した。「核なき世界」の実現を改めて表明したオバマ米大統領の方針をより具体化したものだ。

 国防総省は、核兵器の使用基準や核兵器の役割をいかに縮小するかを詳細に示した。指針の改定は、2002年以来11年ぶりで、冷戦終結後3回目となる。

 新たな核運用指針では、「核なき世界」という長期的な目標に向け、「いま具体的な措置を取ることが不可欠」と宣言。核攻撃の計画に関して「戦時国際法の基本原則に合致しなければならない」と明記した。

 そのうえで「米国は(核攻撃で)民間人や民間施設を故意に標的にしない」とし、民間人や民間施設の巻き添えを最小限にとどめる方針も示した。多くの民間人を犠牲にした広島や長崎への原爆投下のような攻撃は極力避けるとした。

 また、核の基本的な役割について、敵の攻撃を抑止することに限定し、「極限の状況で、米国や同盟国にとって不可欠な利益を守るためにのみ核使用を検討する」とした。長期目標として「核攻撃を抑止するためにのみ核を使う」との方針を掲げた。

 一方、核兵器の役割を減らす方法として、通常兵器による攻撃能力を向上させる方針を表明。戦略的に重要な地域への米軍の駐留や、弾道ミサイル防衛も、核兵器に代わる抑止力として重要性を増すとしている。

 また世界的な核戦争の脅威が遠のいた一方で、核テロを含む核攻撃の危険は高まっていると指摘。差し迫った脅威として、核開発をする北朝鮮とイランを挙げた。

 米国に並ぶ核大国のロシアについては「もはや敵対国ではなく、軍事衝突の見通しは劇的に減少した」とした。一方で、200発以上の核を保有するとみられる中国については、核兵器開発や核戦略に透明性がない点を批判。「長期的な意図が疑問視される」と指摘した。

 オバマ大統領は19日、ベルリンのブランデンブルク門前で行った演説で、配備する戦略核弾頭数をロシアとの条約で義務づけられた水準からさらに3分の1減らし、1千発程度にする考えを示した。



ニュース見出し