オバマ『演説 新鮮だった』 首都圏の市民も好感 (東京新聞 2009年1月21日 夕刊)

 米国の再生や変革への責任を訴えたオバマ米新大統領の就任演説。「リーダーの素質を感じた」「新鮮だった」などと、日本でも好感をもって受け止められたようだ。

◆核廃絶 夢じゃない 意気上がるNGO

 「核兵器のない世界を追求する」という米国のオバマ大統領が就任し、日本の市民団体に「核廃絶が現実になり得る」と期待が高まっている。

 日豪両政府主導の「核不拡散・核軍縮に関する国際委員会」に助言メンバーとして参加することが決まっている非政府組織(NGO)「ピースボート」共同代表の川崎哲さんは「核廃絶を夢に終わらせず、米国をプッシュしたい」と意気込む。二十五日には他の国内NGOも集まり、国際委に核廃絶への動きを強めるよう働き掛ける「連絡会」も発足する。

 「これまで『米の核が必要』と言ってきた同盟国の日本だからこそ『要らない』と言い出せばインパクトがある。オーストラリアも同じ。欧州へも波及すれば世界の状況が変わる」と川崎さん。

 だが、原水爆禁止日本国民会議(原水禁)などで核兵器廃絶運動を長く続け、ウェブサイト「核情報」を主宰する田窪雅文さんはオバマ大統領の誕生を歓迎しながらも、今の日本政府の姿勢では、むしろ世界の核廃絶の障害になると警告する。

 「日本政府は核兵器のない世界を目指すといいながら、核の先制不使用に反対。つまり日本が他国から通常兵器で攻撃されれば、米国の核兵器で反撃することも必要だとしている」と指摘。「これでは日本政府として『核兵器を早くなくせ』と言えないはず」と懸念し、日本政府の姿勢転換が不可欠だと訴えている。

◆被爆者ら期待

 オバマ米新大統領が就任演説で「核(兵器)の脅威を減ずる努力を重ねる」としたことについて、被爆地広島では二十一日、「大きな進展だ」と歓迎する声が上がった。

 来日中のブラジル被爆者平和協会の森田隆会長(84)は、広島市で記者会見し「核への認識が過去の大統領と違う。何かやってくれるのではないか」と期待を寄せた。

 広島市立大広島平和研究所の浅井基文所長(67)も演説を評価する一方で、「オバマ氏はテロリストに核兵器を渡してはならないとの発想。核の反人道性など、本質に着目した核廃絶論に変化させていくべきだ」と強調した。

    ◇

 長崎市の被爆者らも二十一日、核兵器廃絶に向けた指導力の発揮に期待を寄せた。

 元長崎大学長の土山秀夫さん(83)は「大統領選で核廃絶を打ち出した人は初めてで、意欲を感じる。他国も巻き込んで段階的に実現していってほしい」と強調。

 同時に「軍需産業や、意見の異なる閣僚の反発を抑え込めるかが焦点だ」と述べ、政権運営を注視していく考えを示した。

 長崎原爆遺族会の下平作江会長(74)は「長崎から声を上げて少しでも力になりたい。ぜひ会って被爆者の思いを直接伝えたい」と述べた。


ニュース見出し