核テーマに安保理首脳級会合 オバマ大統領主催で9月(朝日新聞2009年8月5日夕刊)


 【ニューヨーク=松下佳世】米国のライス国連大使は4日、9月24日にオバマ大統領の主催で、「核不拡散と核軍縮」をテーマにした国連安全保障理事会の首脳級会合を開くと発表した。国連総会の一般討論に合わせて集まる各国首脳を前に「核兵器のない世界」をアピールし、協力を促すのが狙いとみられる。

 安保理の議長国は月替わりの持ち回りで、9月は米国が担う。各国首脳が国連本部に集うこの時期に、議長国が最も関心を持つテーマで首脳級会合を開くのが慣例で、オバマ氏の国連デビューにふさわしいテーマとして「核」を選んだ。

 安保理はこれまで、北朝鮮やイランの核開発に対して複数の制裁決議を採択しているが、ライス大使は声明で「個別の国に焦点をあてるわけではない」と強調した。


ニュース見出し