米含む171カ国賛成 日本主導の核軍縮決議(朝日新聞2009年12月3日夕刊)

 【ニューヨーク=松下佳世】国連総会は2日、本会議を開き、核廃絶に向けて核軍縮を訴える日本主導の決議案を、賛成171、反対2、棄権8で採択した。核軍縮決議の採択は16年連続。賛成は10月の委員会採択時より1票増えたが、総会採択時としては過去最多の賛成を集めた昨年よりも2票少なかった。

 唯一の被爆国として決議採択を推し進めてきた日本にとって、今年の最大の成果は、米国が9年ぶりに賛成に転じたことだった。米国は初めて共同提案国にも加わり、過去最多の87カ国が名を連ねた。北朝鮮とインドが反対したが、反対も昨年より2カ国減った。中国、フランス、パキスタン、イスラエルなどは棄権した。

 総会決議に拘束力はないが、オバマ米大統領が提唱する「核兵器のない世界」の実現を後押しし、核軍縮を目指すという決意を国際社会としてアピールする効果が期待される。

 決議は、米中が共に批准していない包括的核実験禁止条約(CTBT)の早期発効や、インド、パキスタン、イスラエルなど核不拡散条約(NPT)の未締約国に非核兵器国としての加入を求めた。一方で、核保有国にも透明性が確保された方法での核兵器の削減を要請した。


ニュース見出し