国連委で核廃絶決議案採択 共同提出は過去最多90カ国 (中国新聞2010年10月27日夕刊)

 【ニューヨーク共同】国連総会の第1委員会(軍縮)は26日、日本や米国などが共同提出した核兵器廃絶への決意をうたった決議案を賛成154、反対1、棄権13の賛成多数で採択した。同様の決議案の委員会での採択は17年連続。

 賛成票は、過去最多だった昨年の170に及ばなかった。共同提出国は90カ国で、昨年の87を上回り過去最多。決議案は国連総会本会議に送られ、12月初めに総会決議として採択される見込み。

 須田明夫・軍縮会議政府代表部大使は採択後の記者会見で、今回の決議案は、ことし5月の核拡散防止条約(NPT)再検討会議で採択された最終文書など「新しい内容を入れて大幅に変え、行動を求めるより具体的な案になった」と意義を強調した。

 反対の1カ国は北朝鮮。棄権は南アフリカ、中国、ブラジル、インド、イラン、パキスタンなど。核兵器保有5カ国では、中国をのぞく英米仏ロが賛成した。

 決議案は核兵器使用による「壊滅的な人的被害への深刻な懸念」を表明。米ロの新核軍縮条約調印など前向きな動きを歓迎し、NPT再検討会議の最終文書に明記された行動計画を完全に実施する重要性を確認。


ニュース見出し