ミサイル防衛、米が隔月で実験予定 (朝日新聞 2001年7月14日夕刊)

 米国防総省のケイディシュ弾道ミサイル防衛局長は13日、14日に予定しているミサイル防衛システムの迎撃実験に関連して、地上配備型のミサイル撃ち落とし実験は「明日(14日)以降、隔月の実施を見込んでいる」と述べた。早期配備をめざして実験のペースを一気に速め、ブッシュ政権のミサイル防衛構想を本格化させる方針を明らかにしたものだ。

 記者会見した同局長によると、来年末までに、地上配備型の迎撃ミサイルによる大陸間弾道ミサイル(ICBM)迎撃実験をとりあえず4回〜6回予定している。現段階の実験時期としては、10月、来年2月、同6月、同年秋が予定されているという。

 海上配備型迎撃ミサイルの実験も、今年9月と12月に行い、その後、隔月実施をめざす方針という。来年には空中配備のレーザー兵器による実験も行う予定であることを明らかにした。

 局長は、14日の実験の成否については「五分五分の確率」としたうえで、「今後、数多く行われる実験の始まりに過ぎない。成功すれば自信を深めるし、失敗した場合も多くを学べる」と述べ、結果にかかわらず実験を進めていく強い決意を示した。

 ウォルフォビッツ国防副長官が明らかにした、アラスカ州に建設予定のミサイル迎撃基地について、同局長は8月中に「整地作業が始まる」と述べ、来年4月の本格着工に向けた作業を始める意向を明らかにした。着工準備を始めるのは、アラスカ州中部のフォートグリーリーで、森林伐採などの作業を始める。

 局長は、今後の実験計画について、既存のマーシャル諸島の実験施設と、新設するアラスカ州の施設を組み合わせ、地上配備型だけでなく、海上配備や空中配備も含め、あらゆる段階にわたる実験を体系的に行う意向を示した。

 ワシントン・ポスト紙によると、米政府高官はこうした迎撃などの実験を向こう14カ月で17回予定していると述べた。17回のうち、10回が地上配備システム、7回が海上配備システムだという。弾道弾迎撃ミサイル(ABM)制限条約は、ICBM迎撃の基地を、米国に関してはノースダコタ州の1カ所しか建設できないと定めており、ロシアの批判がさらに強まりそうだ。


ニュース見出し