米の核のゴミ地層処分計画根拠 (しんぶん赤旗 2002年4月28日)

 

米国政府は原発の使用済み核燃料などから出る高レベル放射性廃棄物を、ネバダ州のユッカ・マウンテンの地下に埋める地層処分計画を進めています。これにたいして米国のニ人の科学者が連名で、科学的根拠が不十分だとして計画の延期を水める論文を、米科学誌 『サイエンス』 (二十六日号)に発表しました。


 論文を発表したのは、ミシガン大学原子力工学・放射線科学科の地質学者、ロドニー・C・ユーイング教授ら。ユーイング教授は、高レベル放射性廃棄物管理などについて研究しています。


 論文は、五年前、ロス・アラモス国立研究所の研究者が、ユッカ・マウンテンの処分場と同じ地層で、大気中核実験で生成した可能性がある放射性核種のレベルが高くなっているのを発見したことを紹介。この事実は、地中における放射性根種の移動の速さは予測しがたいことを示していると指摘。ユッカ・マウンテンのような放射性根種を運ぶ水の少ないところなら地層処分しても放射性核種が外部に漏れる心配はなくなるというこれまでの基本的考え方を変えなければならない可能性があるとしています。
 

 高レベル放射性廃棄物を入れておく容器の化学的耐久性の問題点にも言及。現在提案されている合金については限られたデー夕しかなく、それを使うことは楽観的にすぎるとのべています。
 

 この間、原子力規制委員会(NRC)や会計検査院(GAO)などの政府機関が「施設の安全性を十分評価するには現段階での科学的研究は不完全である」と指摘していることも紹介。政府が急いでやろうとしているのは、高レベル放射性廃棄物をねらったテロリストの攻撃などを口実に原子力開発を推進するための障害を取り除きたいなどの理由によるむので、科学的合意に基づくものとはいえないとのべています。
 

 高レベル放射性廃棄物の処分をおこなうには、数千年あるいは数万年という長期にわたって安全が確保されるという科学的根拠が必要であると強調。エネルギー省長官が、ユッカ・マウンテンの開発を進めるという決定は「しっかりとした科学」によって支持されていると主張しているのにたいし、「われわれの見地からすれば、(決定は)不服かな工学的手法と、現在の使用済み核燃料の性質にたいする誤った理解に基づくものだ」と指摘しています。

説得力ある批判 藤井陽一郎・茨城大学名誉教授(地球物理学)の話 
 

 二月十四日にブッシュ大統領が議会に勧告したユッカ・マウンテンに高レベル放射性廃棄物の地下貯蔵所をつくるという構想については、ネバダ州が承認できないという申し立てをしたところから、議会がこれを却下するかどうかが注目されています。こういうときにニ人の科学者による地下貯蔵所案は科学的でないとする論文が発表されたのはたいへん大切なことです。著者らは主として地下貯蔵所にたいする地下水の影響からその安定性を議論していますが、説得力ある批判です。
 また核廃棄物の地下貯蔵所の問題は、今までのような短期間の科学ではなく地質学的なタイムスケールの未来科学の問題で、こういう規模で地下貯蔵所が期待どおりに機能しつづはるかどうかはまったくわかっていないとものべていて、これはまさにことの本質をついています。


ニュース見出し