米、核兵器の部品を間違い輸出 気づいたのは1年半後(朝日新聞2008年3月26日夕刊)

 米国防総省は25日、核ミサイルの信管4個をヘリコプター用の電池と取り違え、06年秋に台湾に輸出していたと発表した。台湾当局は信管を受け取った後すぐに倉庫にしまったため、米政府が間違いに気づいたのは1年半後の今月20日だったという。同省は信管を回収したが、核兵器関連部品のずさんな管理が改めて浮き彫りになった。

 ゲーツ国防長官は事態を重く見て、25日に全面調査を命じた。米政府は中国政府に対しても状況を説明。本来出荷するはずだった電池は台湾関係法など従来の対台湾政策に沿ったもので、核ミサイル信管の輸出は「手続き上の誤りであり、米国の政策(変更)を反映したものではない」と理解を求めた。

 会見したウィン空軍長官らによると、台湾に届けられたのは弾頭の起爆の際に電気信号を送る円すい型の信管。大陸間弾道ミサイル「ミニットマン」に使われるものだという。信管そのものは核物質を含んでおらず、通常兵器でも同様のものが使われている。外見は出荷予定だった電池とは特に似ていないという。

 信管は05年3月にワイオミング州の空軍基地からユタ州にある国防兵站(へいたん)局の倉庫にいったん運ばれ、その後、台湾に出荷された。なぜ取り違えが起きたのかは不明だ。

 この間、取り違えに気づいた台湾当局が米側に連絡したが、米側は「違う電池を送った」と勘違いし、事態の深刻さに気づくのがさらに遅れたという。国防兵站局では、保管されているべき核兵器関連部品の信管がなくなっていることに気づいていなかった。


ニュース見出し