米国、戦略核300発に削減案 現在は1800発(朝日新聞2012年2月16)


 AP通信は14日、「核兵器のない世界」を目指すオバマ米政権が、戦略核弾頭の配備数を300〜400発に減らすことを選択肢の一つとして検討していると報じた。この数は1950年当時の水準という。選択肢はほかに二つあり、最終決定には至っていない。

 米国は、爆撃機や大陸間弾道ミサイル(ICBM)に搭載できる戦略核弾頭を昨年9月時点で1790発配備。ロシアとの核軍縮条約「新START」で、2018年までに配備数を1550発以下にする方針だ。

 オバマ政権はさらなる核軍縮に向け、戦略核をいかに減らすかを検討。AP通信は元政府当局者と米議会スタッフの話として、政権が今後の配備水準として、1千〜1100発、700〜800発、300〜400発の三つの選択肢を検討しているとした。


ニュース見出し