米単独で核削減 米補佐官が方針示す(朝日新聞 2001年7月14日夕刊)

 米国のライス大統領補佐官(国家安全保障担当)は13日の記者会見で、ロシアが提案している国連常任理事国5カ国の枠内での核軍縮に否定的な考えを示した。「ブッシュ大統領は米国の安保に最低限必要な数にまで削減する検討をしている」と述べ、米単独で核削減を進める方針を示した。

 ブッシュ大統領はすでに現在7千発以上ある核弾頭を一方的に大幅削減する方針を表明し、ロシアとの戦略兵器削減条約(START)から距離を置く姿勢をとっている。これに対しロシアは今月、英仏、中国を加えた5カ国の総数で核削減をする新提案を明らかにした。

 しかしライス氏は、米ロが冷戦期の交渉で弾頭数を厳密に定めたのは「ゼロ・サム・ゲームの敵対関係にあったからだ」としたうえで、「現在は防衛面で透明性を確保できる正常な関係だ」と時代の変化を強調した。

 ライス氏は、米ロ関係は核を突きつけ合う「恐怖の均衡」の維持にそれほど注意を集中する必要はなくなったとも指摘。「もはや長い時間をかける軍備管理交渉に入る理由はない」「大統領は(弾頭をめぐる)ロシアとの数合わせ交渉には入る努力はしない」と語った。


ニュース見出し