米、先制攻撃容認の新戦略策定へ(朝日新聞 2002年6月10日)


10日付のワシントン・ポスト紙は、ブッシュ政権が冷戦下の「封じ込めと抑止」戦略から、生物・化学・核兵器など大量破壊兵器を持つテロ組織や敵対国への先制攻撃を認める新たな戦略への転換を検討していると報じた。新戦略は核による先制攻撃や奇襲も視野に入れている。

複数の政府高官の話として伝えたところでは、新戦略は国家安全保障会議(NSC)が策定し、今秋にも同政権が発表する「国家安全保障戦略」に盛り込まれる。「封じ込めと抑止」戦略を捨て去るわけではないが、米国を大量破壊兵器で攻撃しかねない組織や国家への「先制攻撃」と「防衛的介入」が初めて選択肢として明記される。

さらに国防総省は「警告なし」の攻撃も検討。米国が「卑劣」としてきた奇襲も正当化される可能性が出てきた。


ある国防総省当局者は同紙に、とくに生物兵器に対抗するには高熱の核爆発が有効と指摘。別の政府高官も「敵の性質、脅威の性質が変わっている以上、対抗手段も変えなければならない」と話している。

ブッシュ大統領は1日の演説で、対テロ戦では先制攻撃が必要との決意を表明。検討中とされる新戦略でも、政権が強硬路線を強めていることをうかがわせている。


ニュース見出し