新型核実験、米が新たに2回 広島・長崎市長が抗議(朝日新聞2012年9月20日)

 米エネルギー省国家核安全保障局(NNSA)は未臨界核実験を補完する火薬を使わない新型実験を昨年10月以降、新たに2回実施していたことを明らかにした。実験は2010年11月に初めて実施されて以降、計5回となる。

 NNSAによると、昨年10月~12月に1回、今年4月~6月に1回実施していた。ニューメキシコ州サンディア国立研究所にある「Zマシン」と呼ばれる装置を使い、超高温・超高圧の状態から生まれる強力なX線を核兵器材料のプルトニウムに当て、その反応から性能を確認した。(ワシントン=行方史郎)

     ◇

 米エネルギー省が、未臨界核実験を補完する火薬を使わない新型実験をしていたことに対し、広島市の松井一実市長は19日、オバマ大統領とルース駐日大使あてに、「(米国が)今後も核兵器を持ち続ける意思を表したもの。断じて許すことはできない」などとする抗議文を出した。

     

 米が未臨界核実験を補完する新型の核実験をしていたことに対し、長崎市の田上富久市長と板坂博之・市議会議長は19日、「被爆地の思いを踏みにじるものだ」として、再び実験をしないよう求める抗議文をオバマ大統領あてに送った。


米、昨夏に未臨界補完の核実験(朝日新聞2012年1月6日)

 米エネルギー省が未臨界核実験を補完する新しいタイプの実験を昨年夏、ニューメキシコ州の研究所で実施したことがわかった。実験は2010年以降、2回実施されており、3回目だった。

 新タイプの実験では、「Zマシン」と呼ばれる装置を使い、超高温・超高圧の状態で強力なエックス線を核兵器の材料となるプルトニウムに照射、その反応を調べる。同省国家核安全保障局(NNSA)の備蓄核兵器の管理報告書に、昨年7~9月に、プルトニウムを使ったZマシンの実験が実施されたとの記載があった。

 通常の未臨界実験では、地下核実験場で火薬を爆発させて核兵器の性能を確認する。オバマ政権では「核なき世界」の実現を掲げているが、未臨界核実験も就任後すでに3回実施されている。(ワシントン=行方史郎)




ニュース見出し