米大統領:「核なき世界」の実現に強い意欲示す(毎日新聞 2013年02月13日夕刊)


 【ワシントン白戸圭一】オバマ米大統領は12日の政権2期目最初の一般教書演説で核政策に取り組む姿勢を強調した。3度目の核実験に踏み切った北朝鮮への圧力強化を明確にするとともに、政権1期目に進展させることができなかった「核なき世界」の実現に向け、核軍縮・不拡散での実績作りに強い意欲を示した格好だ。

 2期目の大統領は外交分野で「歴史に名を残す」政策を展開したいのが常だ。オバマ大統領は09年4月に「米国は核兵器を使用した唯一の国として道義的責任がある」と表明。核軍縮・不拡散をライフワークにしている。

 演説では「さらなる配備済み核兵器の削減を目指してロシアに関わっていく」と、戦略核弾頭の追加削減に向けロシアとの交渉を進める考えを表明。核不拡散について「他国に影響を与える力は、我々の意思の強さ次第だ」と述べ、北朝鮮やイランに核開発をやめさせるため米露の両核大国が核軍縮を率先すべきだとの考えを示した。

 大統領は戦略核弾頭の具体的な削減数には言及しなかったが、政権内部では、現在約1700発の配備済み核弾頭を1000発強に減らす方針が検討されている。

 ロシアとの核軍縮条約「新START(新戦略兵器削減条約)」は、核弾頭の配備上限を18年までに1550発に減らすと定めて一定の成果を残しており、ロシアとの交渉を通じてさらに500発ほどの追加削減を目指す形だ。

 ただ、財政問題など多くの内政課題を抱える中、核軍縮でどこまで実績を作れるかは見通せない。北朝鮮の核実験は米国の「外交力」の試金石でもある。「核開発封じ込め」の有効策がない中、オバマ政権も難しいかじ取りを迫られる。


オバマ大統領、北朝鮮を強く非難 一般教書演説(朝日新聞2013年2月13日夕刊)

 【ワシントン=大島隆、伊藤宏】オバマ米大統領は12日夜(日本時間13日午前)、上下両院合同会議で、2期目で最初となる一般教書演説を行った。北朝鮮の核実験について「この種の挑発は、さらなる孤立を招くだけだ」と述べ、北朝鮮を強く非難した。

 オバマ氏が一般教書演説で北朝鮮に言及するのは、2011年以来2年ぶり。北朝鮮の核実験に対して「我々のミサイル防衛強化や、こうした脅威への世界の断固たる行動につながる」と強調。「核兵器を放棄するという約束を果たすよう北朝鮮に要求する」とした前回よりも厳しい表現で、北朝鮮に警告した。

 オバマ氏は、北朝鮮とイランの核開発阻止や核軍縮で米国が指導的な役割を果たす考えを表明。具体策として、最大の核保有国である米国が、ロシアと共に「さらなる核兵器の削減に取り組む」と強調した。

 アフガニスタンをめぐっては、現在6万6千人規模の駐留米軍のほぼ半数にあたる3万4千人を、約1年後までに撤退させる方針を打ち出した。電力などのインフラへのサイバー攻撃対策の強化も表明した。

■オバマ大統領の一般教書演説の骨子

・北朝鮮の挑発的な行動はさらなる孤立や、世界の断固たる行動を招く

・ロシアとともに、核兵器のさらなる削減を目指す

・イランの核保有阻止のため必要なことをすべてする

・財政赤字を今後10年で4兆ドル削減

・強制支出削減を回避する

・医療保険や社会保障を改革し政府支出を抑える

・富裕層や特定産業への優遇税制を廃止する

・最低賃金を引き上げる

・社会基盤整備に500億ドルを投じる

・気候変動と戦う。再生可能エネルギー普及に取り組む

・銃規制強化や包括的な移民制度改革に取り組む



ニュース見出し