米が臨界前核実験 オバマ政権下で4回目、新手法か(中国新聞2012年12月7日)

 【ワシントン共同=吉村敬介】米エネルギー省傘下の核安全保障局(NNSA)は6日、核爆発を伴わない臨界前核実験を5日に西部ネバダ州で実施したと発表した。詳細は明らかにしていないが、核弾頭を模した装置とプルトニウムを組み合わせ、従来より豊富な情報が得られる新たな方法を使った可能性がある。

 前回の臨界前核実験は2011年2月で、オバマ政権下では今回が4回目となる。先月のオバマ氏再選後は初めて。「核兵器なき世界」の追求を掲げながら、自国の核兵器を維持する姿勢があらためて明確になった。

 NNSAのダガスティーノ局長は「わが国が保有する核兵器の安全性や有効性を維持するのに役立つ」とのコメントを発表した。

 臨界前核実験はプルトニウムに高性能爆薬で衝撃を与え、核分裂の連鎖反応が続く「臨界」にならないようにしてデータを得る。今回の実験は「ポルックス」と呼ばれる方法で、ネバダ州の関連施設の地下で行われた。専門家によると、NNSAは得られるデータの量や質を高めるため、プルトニウムは少ないが核弾頭にそっくりな装置を使う新たな実験を検討していたとされ、今回がそれだった可能性がある。

ニュース見出し