原潜に核トマホーク搭載 米国防総省が決定(しんぶん赤旗2003年12月30日)

 米国防総省が現在の米国の核戦略をさらに強化するための新措置として、必要に応じていつでも攻撃型原子力潜水艦に核弾頭付き巡航ミサイル・トマホークを搭載する方針を決定したことが、米海軍の動きに詳しい米国専門週刊誌『インサイド・ザ・ネービー』の最近の報道で明らかになりました。攻撃型原潜は米海軍の主力潜水艦で、東アジアにおける攻撃型原潜の拠点となっている日本にとって大きな問題となりそうです。

 この決定について米国防総省は沈黙を守っています。しかし、クラウチ前国防次官補が同誌とのインタビューで明らかにしています。また、米海軍スポークスマンも事実を確認し、大統領か国防長官の指図があれば、現在米本土の兵器庫に貯蔵中の核巡航ミサイルを実戦使用状態にしてロサンゼルス級攻撃型原潜に再び積載すると語りました。

 米海軍当局は、クリントン政権末期の二〇〇〇年夏、攻撃型原潜用の核巡航ミサイルの放棄を提案したことがあります。国防総省内で現在進められている新核戦略強化の作業は、核巡航ミサイルを実際に配備することの重要性を強調したものです。

 わが国には、ロサンゼルス級原潜が横須賀、佐世保、沖縄・ホワイトビーチに頻繁に寄港しており、日本に寄港する太平洋潜水艦隊所属の原潜の十隻は、核巡航ミサイル積載と、いざという場合の発射の「認証」を受けている事実も、昨年明るみに出ました。


ニュース見出し