原子力空母ジョージ・ワシントンで出火 横須賀配備途上(朝日新聞 2008年5月24日夕刊)

 【ワシントン=梅原季哉】米海軍によると、8月に神奈川県の米軍横須賀基地に配備される原子力空母ジョージ・ワシントンで22日午前8時前、エアコンや冷蔵施設、予備ボイラー室がある船尾の一角で火災が起きた。火はケーブルを伝って数カ所に広がり、一時は船体の一部が高熱を帯びたが、乗組員らによる消火作業で延焼を食い止め、数時間後に鎮火した。艦の原子炉の安全には問題ないとしている。乗組員1人が軽いやけどを負い、水兵23人が軽い熱中症で治療を受けた。

 同艦は、横須賀を母港とする通常型空母キティホークの退役に伴い、その後継として配備されるため、これまでの母港米東海岸バージニア州ノーフォークを今年4月に出港していた。22日の出火時は、太平洋岸のサンディエゴへの寄港を前に、洋上で補給を受けていたという。

横須賀市議会、住民投票条例案を再び否決 空母配備問題(朝日新聞 2008年5月17日)

 神奈川県横須賀市議会は16日、同市の米海軍横須賀基地への原子力空母配備の是非を問う住民投票条例の制定を8対33の反対多数で否決した。原子力空母ジョージ・ワシントンは8月に同基地に配備される予定。同様の条例案は07年2月にも反対多数で否決されている。

 条例制定の直接請求をしたのは、市民団体「原子力空母母港化の是非を問う住民投票を成功させる会」。4万8661人分(市内有権者の13.74%)の署名を集めた。

 条例案の審議では、原子力空母の入港を容認している蒲谷亮一市長が「空母問題は国の専管事項であり、住民投票にはなじまないテーマだ」とする意見書を提出。市議会でも同様の意見が多数を占めた。一方で市議会は同日、原子力空母の安全性確保と防災体制の強化を首相や外相に求める意見書を全会一致で可決した。

電気系統に損傷 米原子力空母火災 (朝日新聞 2008年6月8日)

神奈川県横須賀市の米海軍横須賀基地に配備される予定の原子力空母ジョージ・ワシ ントン(GW)が5月に火災を起こした事故で、太平洋艦隊司令部は7日、艦内の通風管が焼け、その中を通る電気ケーブルが主に損傷を受けたと発表した。 GWは現在、米本土西海岸サンディエゴ基地で検査を受けている。火元は特定されていないが、焼けた通風管は艦の喫水線下の機械類に空気を供給するためのものだという。艦内には3800以上の区画があるが、火災で約80区画に通じる電気ケーブルに影響が出た。修理もしくは交換が必要になるという。 また、熱で傷ついた通風管周辺のパイプやバルブ、艦の内壁の一部も修理が必要になるという。船体の損傷調査はほば終了したというが、修理期間によっては、8月19日の横須賀入港予定が遅れる可能性もある。


ニュース見出し