放射性物質まくテロ計画 米、アルカイダメンバー逮捕(朝日新聞 2002年6月10日)


アシュクロフト米司法長官は10日、訪問先のモスクワからテレビ中継で全米向けに声明を発表し、オサマ・ビンラディン氏のテロ組織アルカイダのメンバーで米国人のアブドラ・アル・ムジャヒル容疑者を5月8日にシカゴ空港で逮捕したことを明らかにした。放射性物質をまき散らす「汚い爆弾」(ダーティーボム)を使ったテロを計画していた疑い。核に絡むテロ計画が初めて発覚したことで、米メディアは爆弾の威力などを盛んに報じている。

司法長官の演説後に司法省で記者会見したウォルフォウィッツ国防副長官は、同容疑者がワシントンを標的にテロを計画していたと指摘。「初期段階」で食い止めたと述べた。ブッシュ大統領も同日、ホワイトハウスで記者団に「米国への脅威だった男を逮捕した」と成果を強調した。
 

AP通信によると、同容疑者はニューヨーク出身の、スパニック系。少年時代から強盗などの犯罪を繰り返して服役後、イスラム教徒になり、「ホセ・パディヤ」から改名した。その後、中東などを旅行し、アフガニスタンやパキスタンも訪問。そこで今年3月に拘束されたアルカイダ幹部アブ・ズベイダ氏と接触。テロリストとして訓練され、爆弾の知識も習得したという。

           ◇

汚い爆弾(ダーティーボム) 人体に有害な放射線を出す放射性物質をまき散らす爆弾。核反応で爆発する核兵器とは違い、爆発には高性能火薬などが使われる。爆発による破壊力に、放射線による殺傷力を加えたもので、大量破壊兵器の一種。まだ、実際の使用はないとされる。

まき散らす放射性物質は、原子力発電所の使用済み核燃料から医療用の放射線源まで様々。核兵器の材料になるプルトニウムなど核分裂性物質は、従来から国際的に厳しい管理体制が敷かれてきたが、汚い爆弾に使われる恐れがある放射性物質は多種多様で、管理も比較的緩かった。

核兵器ほどの威力はないものの、テロ組織などでも材料の入手が容易で、実際に使われる恐れが大きいと心配されている。米ロが放射性物質全般の管理強化で合意したが、対策は緒に付いたばかりだ。


ニュース見出し