カナダ州政府米軍潜水艦射爆訓練水域に反対 (朝日新聞ニュース速報 1999年9月4日)             

 入港する艦艇に非核証明書の提出を求める「非核神戸方式」と似た政策を掲げるカナダのブリティッシュコロンビア州政府は3日、米軍なども使用するナヌース水雷射爆訓練水域にあてられている州所属水域を、カナダ連邦政府が州の非核政策などを無視して一方的に収用しようとするのは憲法違反だとして、収用措置の無効確認を求める訴訟を州最高裁に起こした。同州によると、州議会は1992年に「非核州宣言」をしており、同水域の収用問題の是非は、宣
言を実効性のあるものにする初のケースと州当局は位置づけている。
 

 同州の対政府担当省声明などによると、ナヌース射爆訓練水域の所属権は州側から連邦政府側へ移管貸与されており、その期限は今月4日で切れる。州側は貸与契約の更新に際して、1)入域艦艇の搭載兵器(弾頭)の非核化の確認(2)十分な補償(3)環境保護の強化――を求めている。同時に、連邦政府側が州側の承諾を得ずに一方的に収用するのは憲法に反して無効だとしている。
 

 州側がオタワの連邦政府に対して、核兵器を持ち込まないことの確約・保証を求めている点は、非核神戸方式が入港艦艇に非核証明書を求めるのとは、形式上の違いがある。しかし、自治体(政府)が管轄地域の非核化を進める政策としては近いものがある。
 

 射爆訓練水域に反対する住民運動も起きており、彼らは、96年に国際司法裁判所が出した「核兵器の使用・威嚇は一般的に国際法に反する」などとした勧告的意見を重視している。
 ナヌース射爆訓練水域は、バンクーバーから海峡をはさんで西約90キロのバンクーバー島東岸沖にあり、225平方キロにわたる。主に潜水艦の魚雷発射訓練が行われ、海中には訓練用施設が敷設されている。米軍は60年代から使用しているという。
 

 一方、射爆訓練水域が州に帰属することは、80年代に法的に確認された。89年から10年間の貸与契約を結び連邦政府側が管理・運営してきた。補償額は名目的なもので年間1ドルと定められていた。


ニュース見出し