チェルノブイリ事故処理作業員 死者3万人4割が自殺(朝日新聞 2000年4月21日)
 

【モスクワ20日=副島英樹】ロシア保健省当局者は20日、1986年4月に旧ソ連・ウクライナ共和国で発生したチェルノブイリ原発事故で、処理作業に従事した作業員の3万人以上が口シア国内でこれまでに死亡し、そのうちの38%が将来を悲観した自殺であることを明らかにした。


  保健省のメスキワ主任専門官によると、現在も生存している元作業員はロシア国内だけで17万4人いるが、うち5万人は障害認定を受けている。死亡したうち、58%は適切な医療や薬を得られない経済的問題と関連していると指摘した。
  

今月26六日で事故発生から14周年を迎えるが、旧ソ連のウクライナやベラルーシを合めると、元作業員の死亡数はさらに増えるとみられる。


ニュース見出し