チェルノブイリ原子炉燃料−放射性溶岩残留150トン(朝日新聞2006年3月16日)


覆う「石棺」老朽化深刻 再汚染の恐れ

【モスクワ=小林哲】86年4月に起きた旧ソ連のチエルノブイり原発事故で、爆発した原子炉に残る大量の放射性の燃料の詳細が分かった。約150ト ンが高熱でドロドロに溶け、溶岩状の物質となって炉内に残っている。硬いが、もろく、粉塵となって飛散したり、地下にしみ出したりする二次汚染の恐れが出 ている。事故のあった4号炉を鉄板とコンクリートで覆った「石棺」は老朽化が激しい。ドーム形の「第2石棺」で覆う国際プロジエクトが09年の完成に向け 進み出した。

事故の特別調査チームを率いたクルチャトフ原子力研究所(モスクワ)のアレキサンドル・ボロウォイ博士が、事故から20年を前に、明らかにした。

 ボロウオイ博士は核物理学の専門家で、旧ソ連政府の事故調査委員会に参加。事故時にあったと推定される約190トンのウラン燃料の行方を調査して きた。

 博士によると、爆発によって炉外に飛び散った燃料は、周辺の土壌を調査し、欧州の広範囲の放射能レべルを測定した結果、全体の4〜5%にあたる 10トン前後だという。

 爆発後の消火作業で、炉内には、ゾウの足のような形に溶岩状の物質が固まっているのが見つかっている。炉内は放射能レべルが極めて高く容易に近づ くことができない。博土らは、離れた揚所からライフル銃で撃って飛び散った破片を分析したり、コンクリート壁に穴を開けて小型カメラで調べたりした。

 この結果、溶岩状の物質は特殊なガラス状の青みがかった鉱物だと確認された。爆発時に炉心が高温で長時間燃えた際、約135トンの燃料と、核反応 に伴って生成した放射性物質や燃料被覆管のジルコニウム、中性子減速材の黒鉛、砂などに含まれるケイ素などが溶け、固まっている。砕けやすく、むき出しの 状態では人が近づけない高レべル放射性物質でもある。

 炉心下部には、さらに15トンほど流れ込んでいると推定され、溶岩状物質全体では約l50トンに上るという。残り約30トンの燃料は、消火作業で 上空からまいた大量の砂や鉛などの下敷きになって、建屋上部にがれきとして残っているとみている。

 石棺の壁はすき間が多く、雨水や結露水などが毎年4千立方ネートルも内部に入り込んでいるという。

 ボロウオイ博士は「石棺の一部が壊れれば、再び放射能汚染が起きる危険が高い」と指摘する。


ニュース見出し