四川大地震 核施設が被災 (朝日新聞 2008年5月21日)

【北京11西村大輔】新華社通信によると、中国の周生賢・環境保護相は20日、四川大地震で核施設が被災していたことを初めて明らかにした。

「安全な状態」としているが、場所や放射性物質の種類は伝えられていない。

民生用の放射性物質計32個が、建物のがれきに埋もれていた。30個は専門家によって回収され、米国収の2個も場所を特定し、「警戒線を設けた」という。四川省内の被災地にあるとされる複数の核関連施設では放射能漏れの懸念が浮上しているが、中国軍の馬健総参謀部作戦部副部長は18日の会見で「核施設は安全 だ」と明言していた。

地震の被害が深刻な同省綿陽市の周辺は、58年に設立されて中国初の核実験に貢献したとされる中国工程物理研究院や、大陸間弾道ミサイル (ICBM)の核弾頭を製造しているとされる821工場など10カ所以上の軍事関連施設が集まり、複数の原子炉が稼働しているとみられる。


ニュース見出し