東南アジア非核地帯条約 中国主席支持を表明(朝日新聞 1999年9月4日)
  

【バンコク3日=津田邦宏】中国の江沢民国家主席は3日、バンコク市内で演説、東南アジア諸国連合(ASEAN)が取り組んでいる「東南アジア非核地帯(SEANWFZ)条約」を尊重、支持すると表明した。中国は7月のASEAN拡大外相会議で、東南アジアでの核実験の禁止をめざす同条約の付属議定書に署名する意向を示したが、江主席はこの問題で初めて自ら言及した。
  南シナ海の領有権問題については、関係当事国間に意見の相違はあるとしながらも論議していく用意がある、と述べた。領有権問題は、ASEANがスプラトリー(中国名・南沙)諸島などでの各国の「衝突」を避けるための「地域行動基準」を設置する方向方向で作業を進めている。唐家旋・中国外相も拡大外相会議で行動基準に関しての協議に加わる姿勢を示していた。
         


ニュース見出し