核スパイ疑惑の中国系元研究員9ヵ月ぶり釈放(朝日新聞 2000年9月15日)
 

【ワシントン14日=立野純二】米口スアラモス国立研究所で核兵器の情報を持ち出じたとして昨年12月、逮捕・起訴された中国系米国人の元研究員ウェンホー・リー氏(60)が13日ニユーメキシコ州の拘置所から釈放された。中国が米国内で兵器情報のスパイ活動をしているとの疑惑を具体化する中心事件だったが、当局側は結局、機密漏えいの事実は立証できなかった。ス

 パイ疑惑の解明は手つかずに終わったうえ、元研究員に情報の取り扱い違反だけで異例の9ヵ月の拘置を強いた捜査のあり方に批判が強まっている。
 

 事件の核心は当初から、リー氏が中国に情報を流したのかどうかだつたが、当局側は一度もその証拠は示せなかった。研究所の元機密保護監督官は、連邦捜査局(FBI)が「はじめから中国系の研究員を標的にしていた」と証言し、議会も「捜査の稚拙さ」を批判した。結局、リー氏の「手続き違反」だけで事件が収束することで、米メディアは、政府に捜査の検証をすべきだと主張している。
   


ニュース見出し