核廃絶交渉求め決議 米コネティカット州議会(しんぶん赤旗2005年5月18日)

【ニューヨ1ク=山崎伸治】米東部コネティカット州 議会上院(定数三十六)は十一日の本会議で、「プッシ ュ大統領に対し、核兵器の禁止と廃絶に関する交渉を 開始するよう求める」とした決議案を賛成三十四、反 対ゼロ(欠席二)で採択しました。

こうした決議が州 議会で採択されたのは全米で初めてです。 これは昨年六月、ボストン で開かれた全米市長会議の総 会が同趣旨の決議を採択した ことを受け、コネティカット 州の平和団体が中心となっ て、同州内の自治体で同様の 決議が採択される運動を進め るなかで実現しました。

同州議会の決議は、「核兵 器が存在する限り、世界中の 都市は一瞬のうちに破滅する 危険にさらされ、その規模は 一九四五年に広島と長崎がこ うむったものをはるかに超え る」と指摘。核戦争だけでな く、ミサイルの誤発射やテロ リストによる使用の危険があ ると懸念を表明しています。

決議は核不拡散条約(NP T)再検討会議に触れ、「(核 兵器以外の)すべての大量破 壊兵器が国際条約で禁止さ れ、国際的管理の下で廃絶さ れており、NPTに加盟する 核兵器保有国は核軍縮につい て誠実に交渉を行うことを約 束している」と指摘していま す。 また、国際司法裁判所が一 九九六年の「勧告的意見」で、すべての国に対して核軍 縮交渉を求めていること、平 和市長会議が二〇二○年まで に核兵器廃絶を実現するよう 求める運動を開始したことをあげています。

決議は、米政府に対して核 兵器およぴ核兵器関連物質の 禁止・廃絶の交渉開始を求め るとともに、米連邦議会の上 下両院、コネティカット州選 出の両院議員に同決議を届け るとしています。



ニュース見出し