砂漠の放射能(デア・シュピーゲル、1998年3月23日)  

湾岸戦争がのこしたもの:1991年の戦場後地で、異常に大勢のこどもたちが癌にかかっている。


8歳のアリ。ヒラルの頭髪は抗癌剤の副作用ですっかり抜け落ちている。バグダッドのエル・マンスール病院で、死が迫ったその子のベッドのわきで、母親は一睡もせずに絶望的な看護を続けている。5歳のラティフ・アブド・エルキッタルは、必要な薬品さえあれば生き延びるチャンスがあるのだが、と医師は言う。やはり全く無毛である。10歳のマルヴァ・アディルは、白血病なのだが、穿刺針が手にはいらないので、まだ一度も骨髄検査をしていない。医師はマルヴァの父親に検査が可能な病院を探さなければと言うが、それはどこにあるのだろう?

イラク中の病院がどこもぞっとするような状態に陥っている。サダム・フセインの政府は喜んで記者たちを病院に立ち入らせる。国連の禁輸措置が何を引き起こしているのか見てくれと言うのである。イラク側の報道機関の幹部は「クリントンが乳児たあちを殺している」と主張する。亡くなった子供たちを納めたいくつもの棺をふたを閉じないまま担いでデモ行進がなされた。

この身の毛もよだつ宣伝は、国連が医薬品は禁輸品から除外している事実には全く触れない。しかし、湾岸戦争から7年が経過した今日、イラク西部の州都バスラの周辺で癌にかかる人が急増しているのはまぎれもない事実である。

あるバグダッドの病院は小児白血病患者を1050人登録しているが、これは以前の5倍もの数である。この病院のアリ・イスマイル医師は、ロンドンのインデペンデント紙の中近東エキスパートのロバート・フイスクに「小児白血病患者のほとんどは、南部イラク、バスラ、ナシリヤ、ケルバラ、ナジャフから来ています」と語った。バスラ最大の病院は昨年380人の新癌患者を治療したが、1991年以前にはこの病院を訪れる新癌患者の数は1年に80人だったのである。

バスラの医師たちは、地図の上に765人の癌患者の住所を記入してみた。これらの人々はすべてバスラ西方の農村地帯の住民だった。そこは1991年にアメリカ軍とサダム・フセイン親衛師団の間で、戦車戦が行われた場所に近いのである。

当時アメリカ軍は、彼らの「きれいな戦争」、非戦闘員、一般住民の犠牲をできるだけ避けようとする戦い方を宣伝したいた。しかし、この戦争の長期的影響が原因で、住民たちは今も癌に冒されているのである。この戦争では、さまざまな危険因子が死をもたらす複合汚染をつくりだした。連合軍の爆撃と砲撃で破壊されたイラクの兵器庫の武器、爆弾から流れ出した煙にも危険因子が含まれている。これらの兵器庫跡は現在も、確認されないままこの地域に放置されている。サダム軍がクエートを逃げ出した際に放火した732の油井からは刺激性の煙が何週間も空を覆っていた。

これに加えて、連合軍は100万発もの劣化ウラン砲弾を発射した。濃縮ウラン235を製造した残りかすを劣化ウラン(軍の略称ではDU)というが、これを使って貫通力を高めた砲弾である。アメリカ軍の戦車だけで、少なくとも4000発のDU重砲弾を発射し、A10型対戦車攻撃機は、もっと小口径のDU砲弾を94万発発射した。1000両をこえるイラク軍の戦車、車両が破壊されて、アメリカ軍将兵は歓声をあげた。

湾岸戦争以前に劣化ウラン砲弾が大量に使用されたことは一度もなかった。劣化ウランはもっとも硬い銅合金の3倍も硬く、戦車の装甲板を貫通する砲弾の製造に絶好だとして利用さた。金属劣化ウランのかたまりはほとんど無害だが、劣化ウラン弾が目標を貫通すると小さなチリの雲になり、この雲の毒性は非常に強く、放射性粉塵をふりまくことになる。これまで、この程度の放射能はほとんど無害だと、くり返し説明されてきた。

バスラ周辺の汚染、有毒の戦争廃墟は手つかずのまま放置されている。子供たちは破壊された車両に入り込んで遊び、金属破片を拾い集めている。イラクの専門家たちは、有害物質が地下水にとけ込み、食物連鎖に組み込まれていると確信している。しかし、だれもこの地域での馬鈴薯、タマネギの栽培に警告を発しなかったし、牛や羊は汚染土壌に生えた草を喰んでいる。

サダム・フセインはイラク南部のこれら犠牲者たちのことをほとんど気にかけていない。南部の住民は隣接しているイラン人と同じシーア派教徒が多く、これまでバグダッドの支配に抗して反乱をおこしたことがあったのである。

連合国側もまた、彼らの保護・保護義務を的確に果たしているとは言い難い。湾岸戦争帰還兵たちが、謎の健康不調を訴えてから、懸念を示し始めた。英国国防省の専門家たちは、戦場になった地域では「重大な」癌患者急増のおそれがあると、内部文書で警告した。ペンタゴン(米国防省)の核防衛局は、「われわれとしては潜在的な問題として対処している」言う。

軍当局は一切の危険を否定して来た。1993年にニューヨーク・タイムス紙が警報を発した。科学ジャーナリストのエリック・ホスキンスは「砂漠の放射能化」の見出しで、「アメリカがイラクに残した劣化ウラン弾の破片は、現在もイラクの子供たちを殺している」可能性がると、報じた。この記事は、湾岸戦争で300トンのウラニウムをまき散らしたと推定」している。

ペンタゴンは、誤って自軍の劣化ウラン弾を撃ち込まれた16両の戦車を自国に持ち帰った。これらの破壊された戦車はサウスカロライナ州の放射性廃棄物貯蔵施設に保管する必要があるくらい放射能汚染されていた。これら戦車の保管に先立って27人の兵士が防護服を着用せずに検査したが、これがとんでもない軽率な行為だったことがまもなく判明した。

この27人は、1991年に放射能と毒性があるウラニウムで被曝したと、ペンタゴンが1997年8月に認定した112人の米軍人に含まれている。112人のうち35人は自軍に砲撃された戦車乗員の生存者、50人はクエートのドーハで起きた兵器庫の爆発で負傷した兵士である。

そしてついに1998年1月にペンタゴンの「湾岸戦争調査局」の32ページの報告書は、「千人単位の兵士が有害な放射能で被曝した可能性がある」ことを認めた。アメリカ帰還兵組織代表ダン・ファヘイは、「千人単位とはどういう意味か?2000人なのか?5万人なのか?それとも可能性を示唆しているように40万人なのか?」と問い返している。

危険な特殊爆弾に被曝した結果、今でも命を奪われているアラブの兵士と民間人の数が、連合軍兵士よりも多いことは確実であろう。


ニュース見出し