「汚い爆弾」原料の放射性物質を密売容疑で男逮捕 タイ (朝日新聞2003年6月14日)

 タイ警察は13日、バンコク市内のホテルで放射性物質30キロ(セシウム137)を1千万バーツ(約2900万円)で密売しようとしたナロン・ペナナム容疑者(44)を逮捕した。セシウム137は、放射能をばらまく「汚い爆弾」の原料となる放射性物質でテロ組織に流れることを米国などは最も懸念していた。

 ナロン容疑者の自供によれば「ラオスからの密輸品でウラン鉱石と思っていた」という。鑑定の結果、セシウム137と判明した。タイ警察は、「ロシアからウラン235と同238がタイに密輸されている」との情報をもとに内偵し、おとり捜査員がナロン容疑者に購入を持ちかけて接近し逮捕した。

 タイやカンボジアの治安当局はこのところ、イスラム原理主義組織ジェマー・イスラミア(JI)のメンバーをテロ謀議の容疑で逮捕しており、今回の放射性物質密輸がからんでいないかどうか米大使館の治安担当者と協力して捜査している。


ニュース見出し