エジプトが未申告実験、核兵器開発の兆候はなし(朝日新聞2005年2月15日夕刊)

 国際原子力機関(IAEA)は14日、エジプトが核物質の申告漏れや、実験室レベルでのウラン転換や核物質を使った実験を未申告で行っていたとして「懸念」を表明する報告書を理事国に配布した。ただ現在のところ、核兵器計画につながる兆候はないとしている。

 朝日新聞が入手した報告書によると、エジプトは、82年の保障措置(核査察)協定締結以前に輸入したり、国内で生産したりした四フッ化ウランや金属ウランなどウラン化合物の一部を、IAEAに申告していなかった。また80年代後半から03年にかけては、ウランの照射実験や、再処理の前処理実験を未申告で行っていたという。

 ウラン濃縮やプルトニウム抽出は行われておらず、核不拡散上の深刻な問題には発展しない見通しだ。エジプト側は「実験は過去に行った核燃料サイクルの研究や、医療目的のものだ。実験レベルだったため、申告の必要はないと思った」と説明している。IAEAは環境サンプルの分析など確認作業を進めている。

 学会などで発表された出版物の内容や、01年、02年の環境サンプル採取の結果から、核物質や実験の存在が推定されたため、IAEAが調査を進めていた。核専門家によると、実験に使われた放射能遮蔽(しゃへい)施設(ホットセル)はフランスから、10%程度の高濃縮ウランはロシアから、それぞれ輸入されたと見られている。


ニュース見出し